【書評】メルヴィル「白鯨」とモーム「世界の十大小説」の関係

 「バーナード嬢曰く。」2巻で、その長大さに対して、何故かヘミングウェイにとばっちりの怒りがぶつけられている、メルヴィル「白鯨」(岩波文庫版)の阿部知二訳を読んだ。  学生時代にも読んだような記憶があるが、全く内容として 続きを読む…

Share