町田街道沿いにある古民家風の創作うどん屋「うどん屋開都 相原店」で武蔵野うどんをいただく

Pocket

 町田街道を八王子方向に直進し、相原駅を越えたあたりから次第に街並みが田舎風になる。そんな中で古民家風の佇まいで「うどん屋開都 相原店」がある。

 2012年にオープンした店で広めの駐車場もあり入りやすい。店舗は”埼玉県新座市にある築150年”の古民家(農家)を移転したものらしい。中には座敷とテーブルがあり、普段の食事から法事などの会席にも、いろいろ使えそうな感じであり、いつも賑わっている。

 本日空腹を抱えて注文したのは「武蔵野肉つけうどんの”つけ”」900円。それを特盛+310円とし、さらに「ミニかき揚げ丼」390円。

 うどん自体は讃岐うどん系のツルツルしこしこな感じ。やや細めなので、食べやすい。つけ汁はカツオ出汁が効いていて肉の脂も十分。麺に良く絡む感じで非常にうまい。かき揚げもライトな油で揚げており胸焼けもなく、素材の旨味が凝縮されており、完食である。

Share