【書評】萩本欽一「ダメなときほど運はたまる」 世界のもう一つの原理を見て還ってきた人が”運”の実在性を本気で語る奇書

  注意:若干のオカルト記載があります。 萩本欽一「ダメなときほど運はたまる」(廣済堂新書)を読んだ。本の装丁からして、一見ものわかりの良い本に見えるが、これに先立つ萩本欽一、斎藤明美「まだ運はあるか」(大和書房)も含め 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:横浜駅「やきとり平助」は長いカウンターがあって入りやすい

横浜駅西口から徒歩10分くらいの場所にある立ち飲み屋「やきとり平助」に入店。 細長いカウンターになっており、どこから入店できるかわかりにくいが、要するにいろいろな場所から入れる模様。 ハイボールの「馬力」が不穏である。こ 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:赤羽駅「桜商店」のどかで安くて旨い店で”素浪人 花山大吉”ばりに「おから」を堪能

赤羽の「桜商店」に入店。店員は女性が中心で、雰囲気明るめの感じである。 ホッピー350円。すぐ出るつまみに「おから」100円を頼むが、手作りであろうか非常に旨い。またボリュームも満点である。私は「素浪人花山大吉」ばりに、 続きを読む…

Share

【ラーメン】首都圏大雪の日のオアシス「とんこつラーメン風龍」とカプセルホテル

先日の首都圏の大雪。都会に時々やってくる非日常イベントみたいなもので、最近は慣れてきた感もある。 しかしながら、今回は新潟への日帰り出張と重なってしまい、少々疲れた。 新潟での仕事はつつがなく終了し16:00。ネットのニ 続きを読む…

Share

【ご当地グルメ】新潟(長岡)のソウルフード「煮菜(にな)」

先日新潟出身のお婆さん(東京在住)から、こんな話を聞いた。 新潟(長岡)で子供の頃に食べた野菜の煮物が懐かしくなった 新潟は冬の間に野菜がないので、体菜(とうな)という野菜を保存のため塩漬けにする その塩漬け野菜を塩抜き 続きを読む…

Share