【高レイテンシ】現代において、まわりくどいメッセージが届いた時の嬉しさ【遅延時間数ヶ月】

このご時世、通信手段の進歩によりコミュニケーションにおけるレスポンス速度はかなり速くなった。 ただし手段の高速化とは別に、通信には人間関係という関係性があるので、こうした関係性によって通信手段が制限され、必然的に通信速度 続きを読む…

Share

【非合法?】ヤバ目の芸能人が集ってしまう? ”たいま市場(いちば)”を発見

相模原付近を車で走っていると、交差点が。 なんと「たいま」市場(いちば)である。 言い直すと、たいまのマーケットである。 ニュースを賑わせたあの人とか、沖縄から買い付けに来ているのであろうか。こんなアンダーグラウンドな世 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:神奈川新町駅「はねや」で凝縮された焼きハツとモツをいただく

京浜急行が時々神奈川新町という中途半端な(失礼)駅で止まって、乗り換えが必要になるので、駅周辺を散策した。 店構えがちょっと変(看板がない)だが、立ち飲み屋が少し離れた場所にあり、結構賑わっている。 なんか居抜き感が漂う 続きを読む…

Share

マトリックス型組織の問題点:ポンコツ神輿=報告だけのリーダーと「仁義なき戦い」

   長く社会人をやっていると、ある時期に、変な仕事、あるいは役割が生まれ、それを押し付けられる羽目になることがある。    比較的大きめなプロジェクトで複数テーマを並行して走らせた際の経験として、定期的に上層部へ報告す 続きを読む…

Share

【書評】吉本隆明の最後の連載『開店休業』と”梅干し in 味の素 with 醤油”

吉本隆明(追想・画 ハルノ宵子)『開店休業』(プレジデント社)を読み返している。 80歳台に入り、肉体的にかなり弱ってきた吉本先生が、静かに老いを迎えていく中で、”食事”や”味”について語っている。 まさしく親鸞の還相回 続きを読む…

Share