富士そばの商品開発力恐るべし!やはり出てきた「煮干しつけ蕎麦」は500円で大盛り無料、更にスープをミニチャーシュー丼とコラボすると二重に美味い

 前々から富士そばの商品開発力には関心してきた。まあ、確かに「ポテトチップスそば」のようなちょっと微妙(よく行く店のメニューからは消えた)なものもあるが、なんだかんだでサラリーマンのニーズに応えてくれるニクい店なのである 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:海老名駅「鮪市場」駅構内のまぐろ丼の店が夜は立ち飲みに!「まぐろブツ海苔」290円がボリュームもあって美味い

 海老名駅で、小田急線から相鉄線への乗り換えの途中、相鉄線改札近くにある「鮪市場」。ここは昼間はまぐろ丼の店で、食券方式で食事ができる(椅子もある)が、17:00を境に立ち飲み屋に変わる。  立ち飲み屋では、レジにて注文 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:大和駅「立ち飲み ほたる」13:00から開店している地元密着の人気店で「栃尾の油揚げのネギ味噌」が美味い

 大和駅北口から徒歩3分くらいの商店街にある「立ち飲み ほたる」に入店。17:00くらいだというのに、結構人がいてワイワイやっている。  常連が多いのだろうか、年齢層高めであるが活気がある。壁の張り紙には13:00から開 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:新百合ヶ丘駅「ちょい呑み かついち」セミセルフ方式は立ち飲みの最適解

 新百合ヶ丘駅北口から徒歩2分くらいの場所にある「ちょい呑み かついち」。ちょっと路地に入ったところにあることと、よく似たトンカツの店があるので若干分かりにくいが、案内看板もあり、無事到着。  広めの店内にはカウンターや 続きを読む…

Share

1次元セル・オートマトンにおける「エデンの園配置」—256種類の全ルールに対する”密度-流量”マッピングにおける”到達できない”空白領域?

 最近思い立って簡単なセル・オートマトンの計算をして、色々頭の体操をしている。  セル・オートマトン(英: cellular automaton、略称:CA)とは、格子状のセルと単純な規則による、離散 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:長津田駅「岸田屋酒店」酒屋に隣接する地酒メインの立ち飲みはセレクトされた日本酒がイケる

 長津田駅の北改札口から出てすぐのところにある酒屋「岸田屋酒店」に隣接する建物の中で日本酒立飲みをやっているということで行ってみた。 外部リンク:長津田に「日本酒立ち飲み店」限定開業 セレクト生原酒メインに  カウンター 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:大船駅「築地 すし兆」うまいネタを隙間時間で堪能できる”ある意味贅沢”な空間でフェアの島ずしを食べる

 寿司は高級感があるが、立ち食い形式も合っていると思う。林真理子「食べるたびに、哀しくって…」でも池袋の立ち食い寿司のエピソードがあったように、屋台の形式は昔からあった。  大船駅構内にある「築地 すし兆」は時々途中下車 続きを読む…

Share

【カレー】松屋の「創業ビーフカレギュウ」大盛り800円を食べてみた。確かに美味いが、肉×肉はちょっとモヤモヤする

 先日の6月3日の予告にあった通り、松屋の期間限定「創業ビーフカレー」が6月4日に販売された。これで通常のカレーの販売休止の原因は判明したが、味はどうなのであろうか。  6月4日の10時販売開始なので、3日の朝食は牛めし 続きを読む…

Share

飲み会前に食べたくなって、久々の紅谷町にある老郷(ラオシャン)本店でタンメン

 平塚駅前にあった「老郷(ラオシャン)」の店(宝町店)がいつの間にか閉店してしまっていた。駅近だったので、平塚駅で用事がある場合には、昼食、夕食、飲み会の締めなど、重宝していたのだが、残念である。  参考記事:【ラーメン 続きを読む…

Share