和食麺処サガミでアフターコロナ方式の「わんこそば」にチャレンジ!

 かつてTV番組「水曜日のダウンダウン」で少し話題になった、謎の大食い「K.カズミ」という少々モヤモヤする件の舞台となった「和食麺処サガミ」。まあ、本題とは異なるが、「探偵!ナイトスクープ」であれば、上岡局長が半激怒するタイプの締めかたであった。

 以前は「ざるそば」を食べ、なかなか美味かった記憶がある。今回、たまたま空腹時の晩ごはん探索の帰り道で見つかり、入店してみた。

 そして、やはりあった「わんこそば」。ただし、アフターコロナ仕様であって、例の「はいはい、じゃんじゃん♪」というコール&お椀へ麺inのご担当は背後に不在で、卓上ボタンで店員をその都度呼ぶ方式である。要するに、「*皿ください」という、”しゃぶしゃぶ食べ放題”スタイルなのである。

 メニューにもズバリ「わんこそば」1,619円(税含まず)と書かれている。確かに、ざる蕎麦を頼むと、物足りなさも残っていたのも事実。これはこれで満足できるのでは、とチャレンジである。

 ファーストロットのセット。色々なおつまみ系もあり、薬味もある。あとは右上にある単位の「蕎麦」をひたすら食べるだけである。

 一人でひたすら食べる。背後にプレッシャーもない。静かである。最初は美味い。そして、残念ながら、あれほどの美味しさが、食べ続けると違う味覚に変化する時がやってくるのである(何故だろう)。

 結局20杯でギブアップ。うーん、どうなんだろう。多いのか少ないのか。

 ちなみに店頭には噂の掲示があった。これはしかも「ざるそば」の記録なので、わんこそばより1単位の量が多いはず。やはり尋常ではない記録である。

Share

【書評】谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』22巻–文化祭の準備期間という最も楽しい時間で青春感が高まる

 谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』22巻を読んだ。今回は文化祭がテーマで、本番ではなく、まさにその準備過程、一番楽しい時期である。

 黒木さんが監督をやり映画を撮影するという、まさにここ最近の求心力がモロに出ている状況である。そして各自の個性も際立ち、今回のエピソードは傑作揃いである。

 結局こうした「設定」に対して、多彩なキャラたちが受け入れ、目標を共有して進んでいく訳であり非常に「青春」である。まあ、とはいえ彼女たちもこのマンガのキャラなので、そういう意味ではその部分は従順なのはあたり前なのだが。

 うっちーの乱入シーン。オーディションで即落とされるというオチ(結局出そうだが)付きである。

 相変わらずの小宮山さんの変態性。

 今回意味深なのは、将来イメージで「シェアハウス」という概念が提示されたことである。これは私の邪推では、作者による読者に対する「今後の展開のリサーチ」のような気がする。確かにこのテーマとしては「美しい」し、時間進行型のこの物語としても長期化可能である。どうなるのであろうか。

Share

就活学生に向けた講演骨子依頼に対するゴーストライト成果物を公開するーお題「学生時代の勉強は社会で役立つか?」

 先日、ある技術者から就活生(理系)向けに、「大学時代の勉強は、社会でに役立つか?」という講演をする必要があり、資料の骨子を作ってくれないかという依頼を受けた。

 正直なところ企画部門の仕事をしているとゴーストライト的な業務は結構ある。要するに会社や経営サイドの意思を自分に憑依させて(既に決定されている会社の意思を代表して)スピーチ原稿なりを作るということは良くあることなのだ。

 今回もそれに近いものの、業務ではないし特に憑依させるべき人格はいないので、軽い気持ちで、できるだけ汎用的に使えるものを作ることにした。

 休日の1時間ばかりで作成して納品したものが以下である。特に独占的排他的な権利は設定していないので、ここに公開する次第である。実際のところコピペを否定している文章なので、それはそれで再利用することも難しそうであるが。

==============
「大学時代の勉強は、社会で役立つか?」

結論を先に述べると「直接役立つことはない」でしょう。

稀に大学での研究テーマがそのまま配属された企業の研究テーマになるケースもありますが、それはあくまで特殊なケースです。

例えば学位を持っていてその専門性を企業とマッチングした方や、その企業と大学が産学連携などをしている場合にはそうしたケースがあるのですが、多く場合はそうではありません。

皆さんの多くは、就職後各部門に配属され、さまざまな業務を経験しながら、社会人としての長いキャリアを積んでいくことになります。当たり前のことですが社会人として仕事をして、その対価をもらう。そうした生活を、これからそれなりに長い人生で続けて行かなくてはなりません。

キャリアといいましたようにそれぞれ自分の道筋があるでしょう。最初は新人ですが次第に独り立ちし、キャリアを積み重ねて、今度はより上位な立場で組織を指揮する立場に変わっていく人もいるでしょうし、全く異なる道を選ぶ方もいるでしょう。

各自同じ道筋ではなく、それぞれの皆さんの生き方、適性、企業の経営状況など内的外的要因によって変わってきます。全て同じような良いキャリアがあるわけではありません。100人いたら100人の社会人としてのキャリアがあり、自分自身のキャリアプランがあると思います。

さて、翻って社会人、企業において「仕事をする」ということは、これまでの学生生活と何か違いがあるのでしょうか?

そう考えてみると、一つ思うのは、社会人の生活では自らの「価値」を考えていく必要がある、ということです。学生生活の授業やゼミ、研究は、あくまで学問の世界です。そして皆さんはその学問を「学ぶ」立場でした。企業でキャリアを積むということには、「学ぶ」ということも当然含まれますが、大きな違いは「学びながら、価値を生み出さなければいけない」ということだと思います。

この「価値」とは直接的には「利益」という生々しい形で、要するに(比較的目先の目線で)「お金を生み出す」という側面を持っています。それはどういった意味があるのでしょうか?単純に皆さんのお給料を生み出す行為でしょうか?それだけではなく、企業活動において、価値を生み出さければ企業活動は存続できません。赤字を出せば法人税も納められず、社会に存在していながら、その社会に対して何ら価値を生み出さないことになってしまうのです。つまり、企業とは組織的に価値を生み出し続けなくてはならない存在だと言えます。そのために、価値を生み出す組織を作る、そのためにも新人を採用していくのです。そこで皆さんの世代もまた、企業に入っていくのです。

ここで「価値」ということを申し上げました。これは非常に漠然としています。では、それをどうやって作り出すのか、を考えてみましょう。

例えば、簡単なことで最近のロボットやAIを考えてみると良いでしょう。

ロボットやAIにより、人間の単純作業が奪われる、というディストピアめいた話題が最近ありますね。

ただ、これはロボットを開発し、製造したコストに対して現在作業している人間が生み出す価値を比較した結果、前者の方がより安くつく場合に「奪われる」ことになります。人件費よりロボットの方が安いし、より正確(かつ疲れない)だということを判断した結果ですね。

企業でもそうです。皆さん一人一人が、自分が業務によって付加価値を生み出すことを求められてきます。

仮にいつまでも付加価値を生み出せないとすると、それはお互い不幸なことになりますね。

で、そこで今回のテーマである「学生時代の勉強」を思い出してください。

大学で皆さんが学んだ学問には体系があり、原理から法則へと、普遍的な論理的構成になっていました。皆さんは学問の基礎を学び、それを研究テーマとしてまとめてきました。先人の知見を理解し、その上で仮説をつくり、検証してきたはずです。個々のその内容は様々ですが、そこには「論理的思考」があったと思います。

企業において業務をする際にも重要なことは、この「論理的思考」です。

学生の勉強が社会でどう活かせるか?と問われると、まさにこの「論理的思考」であるといえます。

「論理的思考」は企業活動の様々な場面で使われ、それをうまく使える人とそれをうまく使えない人には差が出ます。

「価値」を生み出すこと、の一面は、論理的な思考を使って課題に対するより良い答えを出す、ということとも言えます。

組織の中で個人と個人が交渉する、組織と個人が交渉する、組織と組織が交渉する、企業と企業が交渉する、企業と行政が交渉する、企業と消費者が交渉する、こうした広い意味での当事者間の「交渉」によって、個人や組織がコミュニケーションをとり、利害調整をした結果として社会活動が秩序的に成り立っています。

その根底にあるのが「論理的思考」です。

論理的に破綻している主張には人々は共感しません。

他人を、あるいは、組織を、あるいは、社会を動かすためには「論理」の筋道が通っていること、が必要です。自分以外の他者を動かすためには、論理的整合が必須なのです。もちろん「権力」もありますが、それだけではない、という話です。

こうした首尾一貫した論理的に正しい思考、そしてそれを表現することが、これからの皆さんの社会的活動にとって重要になってきます。

そしてその基礎はすでに身についているでしょう。

ただし、蛇足として注意しておきますが、この論理的思考というのは決してコピペやパクリでは身につかないものです。

ただし、一見論理的思考のような一例をコピペして、その場をしのぐこともできてしまいます。

しかし、そのロジックの前提条件が変わったらどうするか?と問われた場合、論理を動かす場合解答の修正ができますが、コピペで出した回答ではすぐに対応できないのです。

コピペ元を探して彷徨う人は企業の中で残念ながらたくさんいます。前提条件が変わったら、その論理によって違ったストーリー、違った結論になります。そのストーリーをつくるのは自分の頭で考えないと無理です。決してコピペやパクリ(他人の受け売り)では小手先の対応で終わります。そうした「見掛け倒し」は、社会ではすぐにメッキが剥がれてしまいます。

どうか皆さんには、論理的思考をこれからも生かして社会人としてキャリアを積んで行って欲しいと思います。

その基礎は、皆さん各自がこれまでの大学での勉強で学んだエッセンスとして持っているはずです。

ぜひ、それを自分の本当のスキルとして磨き、血肉としてください。

そうすれば、きっと皆さんの社会生活も豊かに、価値あるものになるでしょう。

Share

立ち飲み屋探訪:大津駅「林屋スタンド」滋賀県庁からの帰りに角ハイボールをグビグビと

 訳あって滋賀県庁に行くことになり、色々用事を済ませる。その後帰宅しようと、戻りの大津駅に向かうと「林屋スタンド」を発見。入ってみる。

 まだ17時前なのでお客は少なめ。このあたりは繁華街というより、小さい路地が多く、鄙びた感じがあって雰囲気がなかなか。

 まずは角ハイボール380円。喉を潤す。先程までの仕事のことを思い出しつつ、リセットである。

 刺身の盛り合わせ3種680円。

 もう少し何か、と思い「鮭とほうれん草のグラタン」580円。うまい。

 滋賀県庁と大津駅の動線の中間地点にあるため、17時以降になると、関係者で混むのであろうか。先程の打合せの出席者と飲み屋で再会するのは少々気まずいので、早々に退店したのであった。

Share

立ち飲み屋探訪:西中島南方駅「立喰酒場 金獅子」で”燻製イモンブラン”をいただく

 久々に大阪方面へ出張があり、ちょいと軽く飲んで帰りたいと探索。

 西中島南方(にしなかじまみなみがた)駅で降り、駅から徒歩3分の至近にある「立喰酒場 金獅子」に行ってみた。

 酒の種類もたくさんあるが、まずはキンミヤサワー390円で喉を潤す。

 今回は刺身という気分であったので「中落ちマグロ」490円と「天然寒ブリ」490円を注文。

 続いて「燻製イモンブラン」390円である。デザートとしての生搾りモンブランをポテサラバージョンにしたものであり、お洒落な感じもあって美味い。皿もデザートと同じようなフラットなプレート上であり、なかなか面白い感じであった。

 こんな感じでサワーも進み、ベロベロになってきたが、次の1軒が見つからず、今回はここで撤収したのであった。

Share

【書評】ラズウェル細木『酒のほそ道』51巻–”KIRA KIRA”と輝く松島さんの瞳・・・・

【書評】ラズウェル細木『酒のほそ道』51巻を読んだ。近年のラブコメ+島耕作という”迷走”状態(個人の感想です)で、戸惑うばかりであったが、今回はそちらは少なめ。通常運転に戻ってきた感じがある。

今回の解説は、山形つながりで「ますむら ひろし」先生。

 ただそこでも相変わらず、日本酒の仕込みの伏流水のように確実に底流に流れている恋愛ストーリーライン。

 飲み歩きしか興味のない中年男性のモテる世界なんて現実に存在する訳ないのだが、この世界には「ある」。

”KIRA “"KIRA"って・・・・

 松島さんが、主人公岩間の俳句趣味に対して少年マンガのヒロインよろしく(注:少女マンガのヒロインではない)、キラキラ感でときめくシーン。

 ・・・・うーんファンタジーですな(苦笑&現実にと立ち戻って羨望)。

Share

知る人ぞ知る滋賀の名物・・・「草津メロン」が激甘!

 草津駅から琵琶湖博物館の方向に車を走らすと次第に農村地帯の雰囲気が高まり、「メロン街道」なる街道に出る。何故に「メロン」と思っていたのだが、本当にビニールハウスでメロンを栽培しており、糖度の高いメロンとして有名らしい。

 地元民にヒアリングすると「あまり食べないですね」「そもそも知りません」といった反応。ただ贈答用として発送などはされているようだ。滋賀県はこの手の「地元では食べない」名物が多いような気がする。

 とは言え、初夏のこの時期だけ直売所が出来るらしく結構アウトレット系のものを安く買うなどもされているようだ。

 私はちなみにメロンはあまり好きではない。なんか「結局キュウリ」みたいな固定観念が頭にあり、今ひとつトキめくことはなかったのだが、やはり名物なので食べたい、という気持ちはあった。予約して発送はあれど、あまりネット予約もないので困っていたのであった。

 先日たまたま外出先の昼食で立ち寄った「道の駅草津」の売店でメロンを発見。2個で4,000円と高い(だから贈答用なのか)が、発送もできるというので購入してみた。

 宅急便で自宅に届いたが、もう少し追熟が必要のようで常温で1週間、少しやわらかくなったところで食べてみることに。

 切ってみると、果肉でか!そして激烈に甘い!皮の近辺まで追い込んでも、甘味が強い。これはなかなかの出来栄え。高いが、納得である。

 なんとかもう一度手に入れようとしたが既に「完売」。

 なかなかの希少価値まであるのである。更に毎年食べている地元民によると「今年の出来は良かった。ここ数年で一番甘かった」とのこと。当たり年なのか?

 来年はもう少し早めに動かないといけないと気持ちを新たにしたのであった。

Share

「びわこラーメン挑(ちょう)」で豚骨醤油ラーメン

 草津駅前にある「エイスクエア」内にできたラーメン屋「びわこラーメン挑」に行ってみた。

 今年(2022年)3月にオープンしたばかりのようで綺麗な店内。

 豚骨醤油ラーメンは446円と安い。大盛り+73円で注文する。

 出てきたラーメンは背脂バッチリで、旨い。

 特製棒餃子(355円)も注文してみた。なかなかの巨大サイズ。

 結局チューハイも頼み、満腹である。

Share

【書評】谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』21巻–リア充世界線以外のアフターコロナにおける”ぼっち”に思いを馳せる

 ようやくだが谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』21巻を読んだ。

 前回が10周年の記念巻だったこともあり見所満載であったが、今回は3年生の秋の文化祭からクリスマスまでのエピソードである。カラオケボックスでのクリスマスエピソードは、こうした風景が最近ご無沙汰だったことを改めて思い起こさせる。

  相変わらずのリア充路線であり、もはや一匹狼ではなく、群れの中心になってしまっている。主人公もこっちが、むしろメンバー内の辺境感たっぷりなマージナルなキャラ(うっちー、ゆりちゃん、小宮山さん)の方へのツッコミ役になってしまっている。

 そんなこともあり、もこっち自身も「キャラ薄」を自覚し始めている模様。

 うーんこの調子で良いのだろうか。とはいえ、翻って我々のリアルな世界では、新型コロナの環境下で2年間くらいは”こうした学生生活が存在しなかった”のも事実。こうした密な世界空間に訴求される部分もあるのかもしれない(といいつつ、二郎系ラーメンへ行ったエピソードではカウンターに仕切りはあったが)。

 コロナによるステイホーム&リモート環境により、”ぼっち”にとっては実は最も適正のある生活環境になっていたはずだ。しかし、作品世界にそれを導入しても、という葛藤もありそうである。そうした中でこの作品は「コロナなき世界」に進んでいくようだが、もう一つの世界線である”アフターコロナとぼっち”の世界も見たかったような気もする。

前回記事:【書評】谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』20巻–真の”ぼっち”であるキバ子がメインの、10周年で原点回帰した傑作巻!

Share

甲州街道沿いにある「高尾タンメン イタダキ」で”濃厚タンメン”

 甲州街道を車で走っていると気になる看板が。「高尾タンメン」とある。

 高尾とタンメンというミスマッチのような、でも、それでいて何か「何かありそう」な雰囲気で、なかなか上手い戦略のような気がする。

 店内もアフターコロナ対応できており、席からのタブレット注文となっている。

 店名にもなっている高尾タンメンもあるが、ここは濃厚タンメン790円を注文。

 白濁した豚骨風味のスープ。野菜も沢山ある。

 例えは悪いが「近江ちゃんぽん」と似た、コクのある味でうまい。同様に、お酢で味変をしてもイケる。余談だが、最近近江ちゃんぽんが、滋賀のソウルフードとしてコンビニ弁当化やカップラーメン化してるようだ。少々狙いがマニアックかな?と心配である。

Share