移転した”ものづくり文献調査の聖地”県立川崎図書館へ行って、マニアックな技術系雑誌を堪能する

 ものづくりを生業(なりわい)とする技術者にとって、かつて川崎競輪場、(旧)川崎球場の隣にあった県立川崎図書館は、なかなか使い勝手の良い強力な図書館であった。  JISなどの各種規格類や、めったに書店に並ばない技術書、科 続きを読む…

Share

藤野旅行で立ち寄った「道の駅どうし」と「道の駅つる」で名物を色々と食べてきた(後編:道の駅つる)

 前編に引き続き、「道の駅つる」へやってきた。山梨リニア実験線がある都留市である。  台風が近づいており、天気は不安定で、着いた時にはこんな霧が立ち込めた神秘的なムード。  ここに訪れるのは2回目である。以前来たのは5月 続きを読む…

Share

藤野旅行で立ち寄った「道の駅どうし」と「道の駅つる」で名物を色々と食べてきた(前編:道の駅どうし)

 この夏行ってきた近場の藤野・下道旅行で、2軒道の駅に立ち寄ってきた。河口湖周辺まで行くと、道の駅は結構密集しているのだが、このエリアには、あまり道の駅がない。  まず立ち寄ったのは国道413号の山並み、キャンプ地の風景 続きを読む…

Share

山の中のラブレター?で有名な・・・夏休みは渋滞を避けて「藤野」に行って陶芸体験でぐい呑みを作成してみた

 今年の夏は色々な出来事があり、遠出もできない状況になってしまった。どうする?と悩んだ挙句に、チョイスしたのが「藤野」である。藤野だと、高速道路(中央道)の渋滞を避けて津久井湖方面から下道で行くルートもあるので、なかなか 続きを読む…

Share

真夏の相模川河口の釣果:ノベ竿1.5mによる浅瀬でも多様な魚種が楽しめる

 夏のクソ暑い日の昼に、いつもの相模川河口で釣りを。ノベ竿1.5mおよびテナガエビの2号仕掛けでチャレンジ。  夏になるとヌマチチブの攻勢は少し落ち着き、色々なプレミアムなものが釣れてきて楽しい。マハゼ比率が上がってくる 続きを読む…

Share

松屋の「ごろごろチキンのバターチキンカレー」を食べてみたが、朝食として食べ続けるには、ちょっと甘いかな?

 カレギュウを朝食に食べ続ける私の前に現れた、8月6日からスタートした新メニュー「ごろごろチキンのバターチキンカレー」である。以前の「ごろごろ煮込みチキンカレー」は確かに美味かった。今回はどうであろうか。  いつもの朝食 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:南林間駅「立呑や」住宅街にある落ち着ける”極北系”の立ち飲み!

 小田急江ノ島線の南林間駅に降りてみた。駅前は少し店があるが、5分も歩くと住宅街になる。  そんな住宅街の中のビルの1Fにひっそりと「立呑や」がある。  こんな感じで看板は立っていて、一応目印というかランドマークになって 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:大井町駅「ワイルドミーちゃん」飲み放題プランもある東小路のスタイリッシュな立ち飲み

 東小路の寿司屋の地下にある「ワイルドミーちゃん」に入店。地下ではあるが、綺麗でスタイリッシュな店内。  飲み放題コースがあり、ビールとハイボールが頼める1,680円/60分のワイルドコースを注文。ちなみにビール、ハイボ 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:大井町駅「立呑み処 豊後屋」メニュー充実のお店で数量限定のツマミをいただく

 大井町の東小路の先、「肉のまえかわ」の先にある2Fにある「豊後屋」へ入店。広めの空間の壁そいにカウンターがあり、真ん中にテーブルもあるが空間は広めで、立ち飲み特有の渋滞感はないレイアウト。  キャッシュオンで小さいカゴ 続きを読む…

Share

【書評】田嶋雅巳「炭坑美人 闇を灯す女たち」(築地書店)–明治、大正生まれの女性たちが生きた過酷な炭坑労働の聞き書き

 最近、笑いを提供するはずの職業の人々に関して、見る人間の気持ちをかき乱すような情報を見たくなくても目にするようになり、いたたまれない気持ちになっている。  そんな中、過酷な炭坑(炭鉱)労働に従事してきた女性の聞き書きを 続きを読む…

Share