立ち飲み屋探訪:琵琶湖線草津駅「B級スタンド」で、串カツと能勢酒造「能勢ミネラルソーダ」によるB級サワーをいただく

 琵琶湖線草津駅周辺は、沿線でも結構大きめの街並みで飲み屋も沢山ある。さらには、滋賀県は特に(今のところ)新型コロナに対する制限がないので、基本的には時短や休業もない。人出も普通な感じである。  そんな中で見つけたのが、 続きを読む…

Share

草津の”肉”の名店「近江スエヒロ」の”スエヒロ肉祭り”バイキングで堪能するがリベンジ必須

 滋賀県といえば”近江牛”であり、それを看板にした焼肉屋や居酒屋メニューが結構ある。しかし、どれが良いのか全くわからない(全部同じなのかもしれない)。  色々クチコミで聞いてみると店としては草津駅から1kmくらい離れてい 続きを読む…

Share

イーアス高尾にある「自然薯とそばの店 高尾の桜」の「自然薯とろろそば」が絶品!

 八王子市の高尾駅近くにある大型ショッピングモール「イーアス高尾」に行ってみた。なかなか大規模なモールで、一通りのモノが揃いそうな感じである。  食事を、と考えてレストランを眺めていると「自然薯とそばの店 高尾の桜」があ 続きを読む…

Share

【うどん】滋賀県草津市「開運うどん 川また」–家庭的な店で絶妙な食感の群馬名物、麺ではなくて、”面”の「ひも川うどん」

 草津市を車で走っていると「うどん」の店を発見。昼食のため寄ってみることに。  「開運うどん 川また」。最近苦しい状況なので「開運」という言葉に弱いのである。  民家を改造したような家庭的な店構えであり、ここは滋賀県なの 続きを読む…

Share

【つけ麺】琵琶湖線草津駅「時雨製麺所」で、スタイリッシュかつ重厚な「つけそば」をいただく

 草津駅での夕食で色々調べていると「時雨製麺所」なるつけ麺店を発見。早速行ってみることに。  駅近くのビルの1Fにある居酒屋テナントの一角にある。  食券機があり事前に購入。今回は「つけそば」900円に、「大盛」150円 続きを読む…

Share

【つけ麺】川崎駅にある三角地帯の「らーめん峰」の濃厚「辛つけ麺」700gに挑戦

 川崎駅から尻手方向に歩き、徒歩10分のところにある狭い三角ビルの1Fにあるラーメン屋「らーめん峰」。  この立地は結構激戦区で、色々なラーメン屋が居抜きで入っては潰れと、なかなか定着はしなかったが、この店は結構長く続い 続きを読む…

Share

滋賀県草津市のオープンスペース居酒屋「大衆酒場 アメヰロ」が、コンセントやフリーWi-Fiも使えるし、ツマミもいける、1人飲みに良いお店

 草津駅から徒歩5分くらいのところにある「大衆酒場 アメヰロ」に行ってみた。  オープンスペースになっており、入店前の消毒などコロナ対策もバッチリである。  メニューも豊富かつ安く、1人前サイズになっているので1人飲みに 続きを読む…

Share

製造装置メーカやプラントメーカにとって複雑なサプライチェーンを重ね合わされた市場の”潜在ニーズ”を探るために:B2(B ^X )B2C=B2B2B2…B2Cのマーケティングとは

 先日読んだ、稲田将人「経営参謀」(日経ビジネス文庫)は、アパレル市場を舞台として経営戦略をテーマにした小説であるが、そこにおいて製品戦略のためには「マーケティング」が主な手法となることが描かれる。  アパレルすなわちB 続きを読む…

Share

【書評】稲田将人「経営参謀」科学的アプローチによる、戦略策定におけるおそらく唯一の”真実”

 稲田将人「経営参謀」(日経ビジネス文庫)を読んだ。いわゆるビジネス小説でありながら、経営再建のための戦略策定のための知見が詰まっている。  少々個人的に身の回りの変化(【近況】異動になってしまった)もあり、身につまされ 続きを読む…

Share