立ち飲み屋探訪:関内駅「ミスターカンソ 横浜BAY馬車道店」スタイリッシュに缶詰が集積している極小立ち飲み空間

 関内駅から馬車道駅に至る空間には、飲み屋が密集しており、ふと歩いているとこんな看板が。「缶詰BAR」である。  隣を見ると、いい感じのお店が。  入って見ると、かなりの極小な空間。10人入れるかどうか。壁には缶詰がたく 続きを読む…

Share

BECK’S「小倉クリームチーズホイップトースト」の脳みそに直撃する激甘&旨さに、花輪和一の傑作マンガ「刑務所の中」を思い出す

 駅構内にあるBECK’Sコーヒーショップ。ここはJR系列なので、エキナカに良く見かけるが、なかなか侮れないメニューがある。  それがこの「小倉クリームチーズホイップトースト」である。小倉あんとクリームチーズ 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:北浦和駅「COVO」美味い日本酒を楽しめるコンパクトな店が良い

 京浜東北線の北浦和駅から徒歩2分のところにある「COVO」に入店。10人入ればいっぱいの小さな店である。  隣接するイタリア料理屋?とオーナーが同じ模様で、店員の行き来がある。  セレクトされた日本酒の飲み比べができる 続きを読む…

Share

【書評】ラズウェル細木『酒のほそ道』45巻 まさかの突然の婚約宣言!・・・ただし竹股の(苦笑)

 このところウォッチしている、ラズウェル細木『酒のほそ道』45巻を読んだ。サイドストーリーの思わせぶりでヤキモキされる日々が続いていたが、45巻ではどうであろうか。 関連記事: 【書評】ラズウェル細木『酒のほそ道』44巻 続きを読む…

Share

平塚ラオシャン系のもう一つの雄!「花水ラオシャン 田村店」で昼下がりの「わかめタンメン 大盛り」650円は、かなりのデカ盛り

 平塚のソウルフード”ラオシャン”系には、色々すったもんだがある模様で詳細は知らないが、とにかく2系統あるらしい。  漢字の「老郷(ラオシャン)」とカタカナの「花水ラオシャン」の2系統である。 関連記事:【ラーメン】平塚 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:大和駅「PubSu」スタンディング&開放系本格バーでシングルモルトをストレートで

 大和駅北口から徒歩5分、「立ち飲み ほたる」の先の路地にある「Pub Su」に入店。  10人くらいの小さい空間に洋酒のビンが所狭しと密集。素晴らしい風景。  バーでありながら立ち飲みでという形式。システムは、キャッシ 続きを読む…

Share

富士そばの商品開発力恐るべし!やはり出てきた「煮干しつけ蕎麦」は500円で大盛り無料、更にスープをミニチャーシュー丼とコラボすると二重に美味い

 前々から富士そばの商品開発力には関心してきた。まあ、確かに「ポテトチップスそば」のようなちょっと微妙(よく行く店のメニューからは消えた)なものもあるが、なんだかんだでサラリーマンのニーズに応えてくれるニクい店なのである 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:海老名駅「鮪市場」駅構内のまぐろ丼の店が夜は立ち飲みに!「まぐろブツ海苔」290円がボリュームもあって美味い

 海老名駅で、小田急線から相鉄線への乗り換えの途中、相鉄線改札近くにある「鮪市場」。ここは昼間はまぐろ丼の店で、食券方式で食事ができる(椅子もある)が、17:00を境に立ち飲み屋に変わる。  立ち飲み屋では、レジにて注文 続きを読む…

Share