【書評】メルヴィル「幽霊船」「バートルビー」は現代性に溢れる上質なホラーと不条理で、普通に面白い

 先日読んだメルヴイル「白鯨」の重厚長大さに、いささか食あたり気味になっていたところで、続きとばかりに同じ作者の「幽霊船 他1編」(岩波文庫)を読んでみた。  関連記事: 【書評】メルヴィル「白鯨」とモーム「世界の十大小 続きを読む…

Share

【書評】メルヴィル「白鯨」とモーム「世界の十大小説」の関係

 「バーナード嬢曰く。」2巻で、その長大さに対して、何故かヘミングウェイにとばっちりの怒りがぶつけられている、メルヴィル「白鯨」(岩波文庫版)の阿部知二訳を読んだ。  学生時代にも読んだような記憶があるが、全く内容として 続きを読む…

Share

【福島土産】若桃の甘露煮が爽快で美味い!(ままどおる、薄皮饅頭、芋鼓も紹介)【スイーツ】

 先日福島へ日帰り出張に行ってきた。意外にも仕事では初めて行く土地である。  東京から福島まで新幹線で1時間30分なので、問題ない日帰り出張圏内。  仕事はまあ何とか終了し、さて何かお土産を、ということでまずはスイーツ関 続きを読む…

Share

やり場のない感情を抱えてイケてない毎日に変化を与えるべく、COCOSのモーニングバイキングへ

 最近またしても仕事が忙しい。国内出張も立て込んで、青森、福島、新潟と行ったり来たりである。  やはり予定が予測できない、あるいは、予定を外力で崩されるのが、一番肉体疲労の元になる。  先日には町内会の役員慰労会が平日に 続きを読む…

Share