立ち飲み屋探訪:浦和駅「ひとりあじ」昼飲みもできる自由な雰囲気の名店

 浦和駅西口のイトーヨーカドー近くにある「ひとりあじ」に入店。昼下がりでも開店している素晴らしい名店である。  店内には細長いコの字カウンターがあり、空いている場合には椅子も使えるのか、奥の方では常連さん?が既にいい感じ 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:豊田駅「まいど豊田店」半地下にある隠れ家のような雰囲気の焼き鳥屋

 まいどグループの店は豊田駅にもあった。良くニッチな駅に出店するなあ、と感心する。出店戦略があるのであろうか。 立ち飲み屋探訪:新小平駅「まいど 新小平店」駅直結店舗で駅から徒歩30秒の好立地で、刺身醤油で食べるシメサバ 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:浦和駅「立ち飲みモルガン」でっかい焼きとんと生ホッピーで大満足の名店!

 浦和駅から少し離れたところにある飲み屋が集まっている商店街があり、その中にある「立ち飲みモルガン」に行ってきた。ここは16:00開店なので、早めに飲みたい場合などには重宝する。  おしゃれな店内、そして生ホッピーがある 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:富士吉田市「みうらうどん」朝10時から開店行列ができる人気店

 準備が大変だからか、吉田のうどんを朝に食べられるところは意外と少ない。朝8:15から開店の「栄屋」や、中央道の谷村PAなどくらいしか思い浮かばない。  関連記事:吉田のうどん探訪:中央道・谷村PAは朝食で吉田のうどんが 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:八王子駅「立ち呑み大学」にようやく”入学”できた!

 以前から行こうとして、なかなかチャンスがなかった八王子市横山町にある「立ち呑み大学」に行ってきた。八王子駅から徒歩10分くらいのところの飲み屋街にある。  ”**大学”という店名は世の中に、結構ある。例えば「パチンコ大 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:富士吉田市「手打ちうどん ムサシ」はトッピングが充実、青ナンバン(100円)は汗が吹き出る旨辛さ!

 富士吉田市の国道139号線、上宿西交差点近くにある「手打ちうどん ムサシ」に入店。入口が狭いが、中は座敷で、よくある吉田のうどん店内風景である。20人くらい入れそうな感じ。  テーブルにあるメモ用紙に注文を記載し、厨房 続きを読む…

Share

夏祭りにおける経験知、あるいは、老人の教え–キュウリ塩漬けと赤飯おにぎりは夏祭りの疲れた体にジャストする

 今この時期だからこそ「赤飯おにぎり」の思い出について書いてみたい。季節外れではあるが。  かつてある地域のお祭りの役員が回ってきて、1年間地域の祭りのお世話をしたことがある。町内会組織から、神社の氏子を分離した結果とし 続きを読む…

Share

立ち飲み屋探訪:武蔵浦和駅「わたなべ」酒屋の角打ちが手を広げすぎて収拾つかなくなっている模様

 武蔵浦和駅は、埼京線と武蔵野線の連絡駅である。浦和のあたりは色々と似たような駅(**浦和みたいな)があり、どこに何があるのか初心者には良く分からない。  そんな初心者が武蔵浦和駅に降り立ち、立ち飲み屋を探す。情報による 続きを読む…

Share

ローソンの「グリーンスムージー400gパック」が飲酒後の悪酔い防止に効果があるような気がする

 この手のスムージー自体は、基本的に青臭くて好きではなかったが、ローソンの「グリーンスムージー400g」(298円)は最近ハマっている。ちょい高めの値段設定ではあるが、1日1本ペースで買っている。 コップ1杯200gあた 続きを読む…

Share

毎朝「カレギュウ」を食べているが、今回、巷でバズっている松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」を食べてみる(翌日も、翌週も、そして最終日5/21も食べた)

 基本毎日朝食は松屋の「カレギュウ 大盛り」690円という少々身の丈に合わない食生活を送っている。高すぎであろうか。  毎日飽きずに食べている。贅沢であろうか。  関連記事:松屋のカレギュウを連続5日間を2セット、定点観 続きを読む…

Share