立ち飲み屋探訪:新小平駅「まいど 新小平店」駅直結店舗で駅から徒歩30秒の好立地で、刺身醤油で食べるシメサバが激ウマ!

Pocket

 東京西エリアのニッチな駅に、ひっそりと分布する立ち飲み+焼き鳥のチェーン店「まいど」グループ。既に西国立、相原、日野に訪問をしているが、武蔵野線の新小平駅にも「まいど」があった。

関連記事:

立ち飲み屋探訪:西国立駅「まいど」で焼き鳥と冷やしトマトをいただく

立ち飲み屋探訪:相原駅「まいど」は相原唯一の成功したビジネスモデルで不死鳥のように復活

立ち飲み屋探訪:日野駅「まいど 日野店」安定の焼き串ともつ煮込み

 「まいど 新小平店」は、新小平駅の駅舎に直結しており、改札を出てすぐ右に曲がってほんの20,30歩くらいのところにある。雨でも濡れずに入れるし、非常に好立地である。

 「まいど」全店共通のテイクアウトもある。

 まずはホッピーセット300円。中は160円。ホッピー指数は2.5。

 「まいど」に来たら定番の「モツ煮込み」220円。味噌汁サイズのお椀で来て量もちょうど良い。味も安定の美味さである。

 そして「つくね」と「シロ」をタレで。1本120円。これも美味い。

 続いて「シメサバ」300円を注文。今回は店内で”新玉ねぎ”をアピールしており、オニオンスライスがついてきた。そして店員さんから”鹿児島県の刺身醤油です”と、甘口醤油がついてきた。

 これが激ウマ!オニオンスライスにも合うし、何よりシメサバの脂にもバッチリ合う。すごいコスパなメニューで大満足である。

 店員さんが刺身醤油を回収する際にも”私は刺身はこれでないともうだめ!”と推していたが納得。

Share