立ち飲み屋探訪:平塚駅「角打ち・飲み放題 平塚酒場」GWに新規オープンしたフード持ち込み可、60分1,300円でコスパ最強の店!

Pocket

 ゴールデンウィークの17:30。平塚駅で少し時間が余ってしまい、ふと見るとこんな看板が。

 新規店であろうか。「角打ち」とあったので、フラフラと、この「角打ち・飲み放題 平塚酒場」に入ってみる。駅近の好条件の2Fにある。

 場所としては大衆ジンギスカンで有名(?)な「どさん娘」の向かいである。

 関連記事:居酒屋探訪:知る人ぞ知る元祖ソロ焼肉の平塚駅「どさん娘」で開高健も食べた熟成ジンギスカンを食らう

 店の前にいた店員さんから、チラシをもらい、システム説明を受ける。

 まだ開店して3日目とのことで店内は綺麗。

 完全セルフのシステム。1時間1,300円、90分2,300円、無制限3,000円の飲み放題で、ビール、サワー、ハイボールのサーバーがあり、日本酒がかなりの種類大型冷蔵庫に常備されている。開店記念ということで本格焼酎の一升瓶もあった。

 熱燗もできるようにお湯やチロリも揃っている。冷酒用にガラスのコップと枡のセットも用意されているので、おっとっとと枡に溢れさせる具合も自由にできる。まぁ飲み放題なのであまりその行為自体にありがたみはないのだが、なんか少しだけ楽しい。

 今回はこのチラシ持参で-300円オフとなった。まずは1時間1,000円で飲み放題である。

 ツマミは持ち込み可能(途中調達も可能)で、電子レンジまで常備。また、店内にも手作りツマミや缶詰などの乾き物がある。

 テーブルの座席に加え、お一人用の立ち飲みエリアもあるので、立ち飲みエリアで飲む。

 こんな感じの時間が書かれたシートで時間を管理。飲み放題のお金は事前精算で、ツマミ系は後精算というシステムである。

 まずはハイボールから。自ら注いだハイボールは美味さもひとしおである(無根拠)。


 ツマミは「もやしメンマ」180円とサンマの蒲焼缶280円。

 ハイボールがセルフだと、自分のペースで進んでしまい、飲み放題だと早めにベロベロになってしまう。

 平塚周辺にはこのようなセルフ方式は、無かったシステムで、隙間時間にピッタリな感じ。綺麗な店内で椅子席もあるので、腰を落ち着けても良さそうである。

Share