立ち飲み屋探訪:川崎駅「三島商店」地元密着角打ちの良好コスパとマスターの人柄にシビれる【オススメ】

Pocket

川崎駅から歩いて30分。汗だくである。噂の角打ちの名店「三島商店」にたどり着いた。

遠くからも見える明かりと常連さんたち。なかなかの風景である。

前払い制である。

マスターが親切で対応が優しい。またキビキビ働いているので、見ていてすごく気持ちがよい。いわゆる店主、というような強面系ではなく、酔っ払いを優しく見守る、まさにマスターという雰囲気なのである。

ホッピーセットを注文したら「ホッピーはダブル?」と確認が。「はい」と答えると、こんな量の焼酎が。ダブル400円、シングル300円という破格の安さである。

ツマミも奥の方に乾き物や缶詰を中心に充実している。

魚肉ソーセージ(100円)はちゃんとビニールを切って渡してくれる親切さ。

角打ちの定番6Pチーズのバラ売りもやっていて、冷蔵庫で冷えている(60円)。

常連さんの飲んでいるものを観察してみると、結構ウィスキーの水割り(ビン入りのニッカ)を飲んでいる人が多かった。地元の名物なのだろうか。

常連はカウンターに小銭を置いて、黙っていてもマスターが飲み物を出して来る。

店の前に置かれた自転車の周りで仲良くだべっている感じで、マスターの温厚な人格とあいまって、非常に気分の良い店であった。

また行きたい。

Share