立ち飲み屋探訪:京急川崎駅「立ち呑み8」の重厚な店構えに少しビビる

Pocket

京急川崎から改修中の市役所方面に向かうと「立ち呑み8」がある。

店構えは立ち飲みとは思えない重厚かつ高級さ。

結構価格は高めである。特に飲み物が。

若干ビビりながら入店。お母さんが1人でやっている。

中はいたって普通の立ち飲みカウンター。

であればもう少し敷居を低くした方が入りやすい気がする。

ハイボール(550円)。なかなか(高い)。

ツマミもそれほど充実はしていないが、注文後にキッチンで料理をしてくれる。

ハンペンのバター炒め(300円)

魚肉ソーセージ(300円)。ちゃんと炒めて塩コショウで味付けをしてくれた。

客は私一人。ハイボールをお代わりして退店となった。

Share