【立ち飲み屋探訪】大倉山駅「大倉山もつ肉店」レトロ系漂う店構えで、水曜木曜限定の”もつ煮込み”を食べる

Pocket

 大倉山の駅前から5分くらい歩いた先の大通りを1本曲がったところに「大倉山もつ肉店」はあった。

 ものすごいレトロな店構え。店内は狭く、3人くらいしか入れなそう。肉屋のような店先に立ち飲みができそうなスペースもある。

 さらに1名扉の前に立っている人もいた。これは一体?立ち飲みエリアらしき場所は空いているが、すぐに行って良いのかどうかわからない。

 老舗の暗黙ルールすらありそうな感じである。逡巡の末、声をかけてみる。

 「ここ、立ち飲みできるんですか?」とおずおずと問いかけると「いいですよ」との返答。よかった。扉の前に立っている人は、テイクアウト待ちであった。

 メニューを見ると、店内の張り紙しかない。

 まずは瓶ビール大(サッポロ):700円を注文。

 「お勘定は先ですか?」と聞くと、「最後でいいですよ」とのこと。

 何を頼もうかとみたら水・木限定の「もつ煮込み」400円があったので、これを注文。

 食べてみるともつの臭みがほとんどなく非常にうまい。これはアタリである。

 そろそろ串を頼もうかな、として、ハツ(100円)とレバー(100円)を2本ずつ。さすがのうまさであった。レバーもいける。

 隣の先客の老人は、煮込み、もつ焼きや野菜串をガンガン頼み、さらにはビールをチェイサーに熱燗をお代わりしている。すごい先輩である。

 こちらも中瓶を追加し、満足。

 入りにくい雰囲気はあるが、レトロな空気と旨いモツで大変満足である。

 

Share