立ち飲み屋探訪:桜木町駅「福田フライ」野毛の有名店で串カツの”辛いソース”は翌日まで体内に残るインパクト。でも美味い

Pocket

 野毛小路の有名店であり人気店である「福田フライ」(フライ屋)である。

 16時の開店直後から混んでいるのだが、19時くらいの遅めの時間だと結構空いてくるので、ここをチャンスとして入店である。ただ、遅めの時間だからか、ホワイトボードに書かれたメニューは既に消えているものもあった。

 若大将1人で対応中である。会計は後でまとめてスタイル。

 プレーン酎ハイ400円である。

 そして待望の串カツ、牡蠣などを注文。

 ソースは名物である”辛いの”を選択。

 品物が到着した時点でソースに漬けられているこのフライから、立ち上る物凄いニンニク臭。スパイシーである。味もピリ辛で美味い。物凄いインパクトのある香りと味だが、厚めのフライ皮と良くマッチして非常に食欲をそそる。

 ガツンと来る刺激で、ある種の習慣性すらあるフライなのである。

 このフライをツマミに、酎ハイが異常に進む。大満足であった。

 しかし、翌日起きると、体の内部から立ち上る、かぎ覚えのあるニンニク臭。

 そう、この”辛いの”は、翌日まで持ち越すのである。

 やはりビジネスシーンでこの匂いはまずいだろ(まあわかっていたことだけど)ということで、風邪でもないのにマスクを着用、ブレスケアを大量服用、そして緑茶のカテキンパワーで消臭を図る。しかし、内臓から立ち上り、皮膚から放出されている例の匂いは頑固なのである。

 しかしそのリスクを考えても、食べる価値があるのが、このフライである。酒飲みの業は深い。

Share