立ち飲み屋探訪:京急鶴見駅「風」氷屋の透明氷が使われているサービス満点な立ち飲み

Pocket

 京急鶴見駅から徒歩5分、国道15号線(第一京浜)沿いある「風」に入店。屋台形式でテイクアウト店風であるが、立ち飲み、座り飲みができるスタイル。

 おしぼりは、熱々の布製で良い香りがする。立ち飲みでこのようなサービスはなかなか経験がなく(なかったり、紙製だったりが多い)嬉しくなる。

 支払いは後で一括である。まずはホッピーセット450円。お盆に乗って出てくる。焼酎も多めで、店主曰く「4プッシュ半」あります。とのこと。確かにお得である。

 店主の方と話すと、「氷屋なんですよ。いろいろ手を広げて」とのことで、なるほどメニューにもかき氷があったりする。

 ただ、現在は冬なので流石にかき氷は注文しづらい。

 そんなことを聞いて、よく見るとホッピーの中に入っている氷も形状が整っていて、透明度も高い。聞けば鶴見川沿いにある「ツルミセイヒョウ」の氷らしい。「透明度の高い氷は、周囲から水分が凍って、氷の中央に最後に残った不純物が層で集中するので、そこを取り除く」といった氷屋トークまでもらえた。

 ツマミはおすすめの「鉄板ホルモン焼き」600円。焼きたてでうまい。「

 おでん盛り合わせ」500円。その他キムチなどの安めのメニューや駄菓子なども置いてあり、色々な形で楽しめる。

 開店時間は13:00と早いが「朝が早いので」閉店は21:00となっている。店主は優しいが、時々「お客が少なくて。商売が下手で」などと若干自虐も混じるのも何ともいい味を出している。

Share