町内会の祭りは無くなり、広場の除草作業も無くなり、共同作業がなくなって楽になりそうだと思いつつ、このままだと断絶による経験知の承継問題が顕在化しそうな一抹の不安がある

 新型コロナ感染防止のための緊急事態宣言は終わったものの、まだ状況は不透明である。  町内会も、なんだか活動自体が不透明で先が見えない状態に陥っているようで、こうした小規模の自治活動を、コロナ後にどうすべきか誰もスタンス 続きを読む…

Share

MG5(マジでギックリ5秒前)–雨予報の中で、一か八かの夏祭り開催勝負に出た結果

 先日の3連休は、恒例のわが町内会の夏祭りであった。立場は前役員であるが、なんだかんだで3日間駆り出された。  昨年と異なる条件は、天気であった。  昨年は6月末に梅雨明けしており、暑さが大敵であった。今年はどうかという 続きを読む…

Share

夏祭りにおける経験知、あるいは、老人の教え–キュウリ塩漬けと赤飯おにぎりは夏祭りの疲れた体にジャストする

 今この時期だからこそ「赤飯おにぎり」の思い出について書いてみたい。季節外れではあるが。  かつてある地域のお祭りの役員が回ってきて、1年間地域の祭りのお世話をしたことがある。町内会組織から、神社の氏子を分離した結果とし 続きを読む…

Share

【町内会】ようやく役員の任期が終了、引き継ぎが終わった・・・ようで終わらない

 長い(といっても2年間だが)戦いが終了、本日定期総会が無事終了し、新役員への引き継ぎまで無事終了した。  定期総会の準備段階では、委任状を集めるのが大変であった。しかし前日までに会長一任の委任状が全世帯の過半数集まって 続きを読む…

Share

【衰退する町内会】新旧役員交代に加えて、新元号対応に躓く【少子高齢化】

 ようやく3月末で長く続いた町内会の役員も終了である。しかし、まだ新年度に向けて4月頭の定期総会の準備や、新役員との引き継ぎが残っている。  2月から新役員が集まり、恒例の「自分の病気で」「配偶者の介護で」「もう何度もや 続きを読む…

Share

【町内会】2019年どんど焼き(左義長)が無事終了、いよいよ役員任期もあと少し

 今年も町内会のどんど焼きが無事終了した。  昨日は初雪の降る中準備をしつつ、天候がどうなることかと思っていたが、結果的に昨年並みの快晴であった。  年々ヤグラの規模が小さくなり、参加者も少なくなる気もする。  これは町 続きを読む…

Share

【町内会】少子高齢化の結果としての縮図ー弱小町内会における”茹でガエル”状態

非常に忙しい。 例の町内会である。 中国から帰って間も無く、町内会の総会があり、今年度からついに役員へ昇格(苦笑)である。 私自身は新参者なので町会長などの名誉職は流石に年配の方にお任せし、実務的、総務的な役割を担うこと 続きを読む…

Share