【京王閣の負師】もう何も考えずに予想屋に乗ってみた

Pocket

ささやかな趣味である競輪だが、最近スランプである。

勝てない。

全く勝てないのである。

予想するが裏目裏目、何をしても上手くいかない。勝てないと楽しくないのである。ドキドキ感だけではなく、当たった感も欲しい。

仕方がないので、先日ついに予想屋から全レース予想を購入し、その買い目に完全に乗って見た。

もう自分の予想ではダメで、こうなったら当たりそうな予想屋を見つける方向で予想をしてみたのである。

予想屋の予想は、今でいう情報商材である。昭和の時代から今でも生き残ってきた訳で、たいしたものである。

京王閣競輪で開催していた日本選手権競輪で、7レース時点で全レース分を購入してみた。ちなみにその予想屋に決めた理由は、私の目の前でご祝儀(といってもアジフライ)をもらっているのを見たから。調子いいんじゃないの?

予想代金は全レース分で500円、以下の紙をそっと秘密の感じで渡される。

暗号文であろうか。数字の羅列である。また少々多すぎである。絞れない。

ちなみに、6レースまでの結果は既にわかっているので照合してみた。

推薦の3車(左から)をワイドで3点買い購入する前提で、以下照合すると、

1レース:外れ

2レース:外れ

3レース:1つ当たり(払い戻し200円)

4レース:外れ

5レース:外れ

6レース:外れ

全然ダメなのである。投資1,800円に対してリターン200円。

さっきのご祝儀は何だったのか(困惑)。

しかし、これは問題ない。むしろ私にツキがある。

ここまで外れできているということは、それ以降のレースの予想確度が上がっているに違いない(オカルト)。

また予想屋の場合には、ついていない予想屋の目をあえて外すという高等テクニックもある。要するに、的中率6割の予想屋に乗るより、的中率2割の予想屋の逆張りに乗る方が儲かるという論法である。今回はそこまで裏をかくつもりはないので、素直に買い目に乗ってみることにした。

その後の結果はというと・・・。

7レース:1つ当たり(払い戻し150円)

8レース:外れ

9レース:1つ当たり(払い戻し680円)

10レース:外れ

11レース:外れ

ダメでした。人生上手くいかないものである。

Share