【ラーメン】町田「ぎょうてんや」の二郎インスパイア「ぎ郎」で大食いガッツリの世界からは年齢的に引退を決意

Pocket

 

昔は食べて、最近食べていないものとしてラーメン二郎がある。15年くらい前は良く食べていた。歌舞伎町の二郎が美味かった気がする。

最近になって、ラーメンやつけ麺のチャーシューが肉体的に”重く”感じられるようになり、二郎にも足が遠のいていた。

関連記事:【つけ麺】「大勝軒町田店」のつけ麺大盛り 旨いが寄る年波にチャーシューが堪えるようになってきた

ただやはりもう一度食べてみたい気もする。でも二郎はこの15年の間に無駄に敷居が高くなっているので、残したら恥ずかしい。

そんなダブルバインドのなか、ちょうど良く昼過ぎにかなりの空腹状態となり、かつ、入店しやすい二郎インスパイアに入店することができた。

町田にある「ぎょうてん屋」である。

到着。ドン!そう、こんな感じである。野菜が多かった。これを下に沈める。

太麺のコク&脂のスープ。うまい。チャーシューも柔らかい。

結果、完食できた。周りはまだ食べている。勝った(何を?)。

そしてやはり旨かった。

でも、さすがにこの手の大盛り脂モリモリ系は、もう寄る年波的には限界なのかなとも思えるようになった。

その証拠に上記注文には、脂少なめ、ニンニクなしである。ダメダメである。

その一方で無料で付いてくるライスは注文し、そのためにノリ増量はしている。

まだ迷いがあるのかもしれない。

しかし、これからはやはりガッツリよりも、多品種少量の方向性を模索する方が良いのかもしれないと思った冬の夜であった。

Share