【カレー】松屋の「創業ビーフカレギュウ」大盛り800円を食べてみた。確かに美味いが、肉×肉はちょっとモヤモヤする

Pocket

 先日の6月3日の予告にあった通り、松屋の期間限定「創業ビーフカレー」が6月4日に販売された。これで通常のカレーの販売休止の原因は判明したが、味はどうなのであろうか。

 6月4日の10時販売開始なので、3日の朝食は牛めし特盛、4日の朝食は牛めし大盛を食べ、胸焼けしながら、今後朝食をどうするべきかを考えていた。

 関連記事: 松屋のカレーが販売中止かもしれない、とモヤモヤする6月3日

 まあ、とにかくまずは一度食べてみようということで、本日6月5日の朝食に「創業ビーフカレギュウ」大盛を注文。なんと800円。

 さすがに1食、特に朝食に800円は微妙であるが、昼食兼用でもあるのでまあ仕方ない。

 

 到着。カレールーの色が通常品と比較して少し明るめである。評判通り牛バラ肉がトロトロに煮込まれてスジがいい感じで残っている。また、味の方は、通常品より少し甘めであるが、まろやかで美味い。結果、なかなか満足したのであった。

 ただ牛めし部分の肉とカレーの肉がケンカしているような感じもあり、こちらは普通のカレーの方が良いかもしれない。

 毎日800円かあ、これはちょっと考えてしまうなぁ。

 とうことで翌日、翌々日は「創業ビーフカレー」大盛り590円にしてみた。これは・・・なかなか美味い。

 

 更に3日連続で食べてみた。ちょっと中毒性がでてきた。

関連記事:松屋のカレギュウを連続5日間を2セット、定点観測してみたバラツキ(2019.4. 追記あり)

関連記事:毎朝「カレギュウ」を食べているが、今回、巷でバズっている松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」を食べてみる(翌日も、翌週も、そして最終日5/21も食べた)

Share