立ち飲み屋探訪:三条駅(京都)「立ち呑み 傘(きゃさ)」スタイリッシュな京都先斗町の立ち飲みで、おでんに厚切りベーコン、そして本格焼酎

Pocket

 新型コロナの影響は相変わらず。世界同時株安の様相まで出てきた。また相変わらず新幹線ガラガラ、ホテルもガラガラで、これでは商売上がったりであろう。まさに負のスパイラル一歩手前である。

 私自身は、「不要不急」ではなく「要・急」な業務であるという理論武装した上で、最近よく行く京都方面へ泊まりがけ出張してきた。

 辛い出張先のアウェイ業務を終え、酒の誘いも断り、ひとり京都へ繰り出す。今回は三条大橋から高瀬川沿いにある先斗町付近を散策した。風情はあるが、やはり人気は少ない。

 そんな一角に「立ち呑み 傘(きゃさ)」を発見。通り過ぎそうな感じのビルの1Fにあり、カウンターだけの小さめの店である。

 システムはキャッシュオン。本格焼酎の一升瓶が並ぶ。

 まずはハイボール400円。ウィスキーと氷を入れた状態でマスターが、しばしステア。その後、炭酸を注ぐという丁寧な造り。

 ツマミも安いが、せっかくなので、また昼間の業務を不満を忘れる意味も込めて、高めのものをオーダーすることに。

 おでんの5品。400円。関西風という感じで上品な味であった。

 続いて厚切りベーコン500円。フライパンで焼いた状態で出てくる。美味い。

 せっかくなので酒もこれに対抗できそうな本格焼酎を頼むことに。熊本の麦焼酎「麦汁」(豊永酒造)をロックでもらう。600円。麦の香りが広がって非常にうまく、お代わり。

 そんなこんなでガッツリ飲んでしまったが満足である。

Share