茅ヶ崎のお土産といえば「えぼし」の「かぼちゃプリン」。そして茅ヶ崎駅前にかつてあった居酒屋”赤い魚”の思い出

Pocket

 茅ヶ崎にもかつて住んでいたことがある。

 8年間くらいであろうか。そういえば東日本大震災の時も、茅ヶ崎に住んでいたし、町内会のお祭り関係で有名な「浜降祭」の準備(というか完全な下働き)で死ぬ思いをしたのも今では良い思い出である。

 やはり湘南地方、温暖なのでのんびりした雰囲気があったような気がする。

 その頃、甘いものといえば「えぼし」の「かぼちゃプリン」であった。魚料理で有名な地元居酒屋「えぼし」が作る、このスイーツが激ウマだったのである。

 「えぼし」店舗自体は少し茅ヶ崎駅から距離がある。ただ駅ビル内にも販売専門の店舗があり、お惣菜とかスイーツは買うことができた。

 ただ、私が在住していた頃には、茅ヶ崎駅の南口に「えぼし」グループの「赤い魚」という大きめの居酒屋があり、ここが魚料理が美味く、ここで飲んで帰りにお土産で「かぼちゃプリン」を購入して帰るのが、家庭サービス込みで常道であったのだ。

 時は流れ「赤い魚」も閉店し、私も茅ヶ崎から引っ越してしまった。そんな折り、茅ヶ崎へ訪問した人から、思いがけず「かぼちゃプリン」をいただいた。

 久々にいただく。

 半分まで食べたところ。コッテリとした生クリームが効いたかぼちゃの味と、カラメルで非常に濃厚であ理、一人で全部食べるのは無理っぽい(笑)。

Share