【百度】中国出張時のセミ・ビジネス状況における便利ツール(アプリ)【WeChat】

 中国出張において、昼間のオンタイムでは先方で通信環境などが用意されているので比較的気を使う事はない。ただオフタイムなどでは色々と生活上必要なものがあり、中国特有の問題ゆえに、少し知っておくと便利なものがあるので、備忘が 続きを読む…

Share

【四川省綿陽市】再びの中国出張と飲んだソフトドリンクの記録(追記あり)

 前回の中国出張から4ヶ月、再び中国出張に行ってきた。場所は、前回同様四川省であるが、綿陽市である。前回行った省都である成都市に次ぐ第二の都市であり、総人口が477万人(2015年)の都市である。  今回は期間が1週間の 続きを読む…

Share

修羅場をくぐる経験の必要性ー国産民間ロケットの開発を応援する

 今年6月末に民間ロケット打ち̅上げが失敗し、炎上した。  このロケットの打上げ失敗は二度目でもあり、色々な報道がなされている。  産経新聞の記事(「小型ロケットの打ち上げまた失敗 発射直後に爆発炎上 北海道大樹町のベン 続きを読む…

Share

中国四川省で飲み食いしたモノの記録を公開する(食べ物編)・・・追記あり

  中国四川省の2週間出張では、辛さで有名の四川料理の連続であった。唐辛子だけでなく、花山椒のたっぷり入った痺れるようなスパイシーな味付けが基本なのでなかなか長期戦になると日本人としては苦しいが、何とか乗り切った。辛さを 続きを読む…

Share

【ゼネラリスト】「門前の小僧 習わぬ経を読む」能力を伸ばす人とそうでない人【スペシャリスト】

 複数の中小企業の社長さんたちと話す機会があり、ある共通の表現を聞き、感心したことがあった。  この社長さんたちは皆、いわゆる叩き上げのプロパー社長ではなく、親会社から落下傘のように赴任してきたサラリーマン社長であった。 続きを読む…

Share

【書評】大鹿靖明「東芝の悲劇」(幻冬舎)に見る、最後まで人間に残る”名誉欲”という宿痾

 大鹿靖明「東芝の悲劇」(幻冬舎)を一気読みした。  東芝という会社とは昔少し仕事上の付き合いがあったが、今は全くない。  そのかつての僅かな経験からくる個人的感想に過ぎないが、本書でも描かれた類型的図式「日立=野武士」 続きを読む…

Share

マトリックス型組織の問題点:ポンコツ神輿=報告だけのリーダーと「仁義なき戦い」

   長く社会人をやっていると、ある時期に、変な仕事、あるいは役割が生まれ、それを押し付けられる羽目になることがある。    比較的大きめなプロジェクトで複数テーマを並行して走らせた際の経験として、定期的に上層部へ報告す 続きを読む…

Share