【源泉】相模湖の先、上野原にある温泉スパ「秋山温泉」に行って来た【温水プール】

知人から相模湖の先の上野原の山奥に穴場的温泉ランドがあるのを教えてもらった。お盆休みの日帰りにはちょうどよく、しかも下道を使えば渋滞にもハマらないので、早速行ってみた。

津久井湖から相模湖を抜け、国道20号線を走り、今度は藤野方向へ抜け、山道を走る。津久井湖からは車で約 50分で、道も空いているので非常に行きやすい。ちなみに中央道は渋滞であった。

施設は、完全な山の中であり、静かな雰囲気である。

山梨県上野原市にある秋山温泉。大人750円だが、ニフティのクーポンを使って650円になった。

温泉は加温、加水、無消毒の完全源泉(36℃くらいで非常に長く入っていられる)や露天風呂もあり、更に無料併設(当然水着は必要)の温水プールまであり、リーズナブルである。

また、温泉ランド同様に、レストラン、サウナ、マッサージなどもある。

温泉に入る前に、おやき(野沢菜入り)を食べる。味噌仕立てでうまい。

富士吉田の名物であり、私が愛する「吉田うどん」があった。迷わず購入である。私の地元である武蔵野うどんを超える異次元の歯ごたえ「こわさ」という概念を持つ中毒性のあるうどんである。

温泉はぬるめの源泉に長い時間入るのが気持ちが良い。プールに入った後などは、源泉の温度でも充分温まる。

温泉に入った後に、レストランでモツ煮込みをいただく。うまい。

こんな感じで源泉を飲むこともできる(1:3で割るための真水の蛇口つき)。

なかなかの居心地の良さ。サウナ(ロウリュウ)にも力を入れているようで、今度はサウナも体験してみたい。

何故か玄関にあったイノシシの剥製。

直売所もあった。

Share

湯河原温泉二泊三日が終了+ゑふや製菓所の温泉まんじゅうが美味かった

なんというか、あっという間の温泉旅行であった。

本来は昨日の中日である2日目は意図的にユックリするはずだったのだが、湯河原海岸まで行ってしまったりと(私としては)アクティブに動いてしまった。

その結果として睡眠たっぷりで調子はいいのだが、インドアでのんびりする予定で家から持って来た積ん読本10冊は、1冊と少ししか読めず。

朝食は本日もお櫃を空にした(義務感)。

これから帰宅の道中である。

今回の収穫は、浴衣がはだけ、腹を丸出しにしたままエアコン冷風直撃しても体調に問題がないことがわかったことであった。

あと、湯河原ゑふや製菓所の「温泉まんじゅう」が非常にうまい(賞味期限が2日しかなく、出来立てが食べられる)ことであった。

シンプルなこし餡+まんじゅうなのだが、まんじゅうの部分に風味があり、食感も良い。通販は当然していないので、また買いに行くしかない。

店主の熱いソウルが溢れるお品書き。

Share

よく眠れた in 湯河原温泉

良く寝た。

早速温泉に入り、朝食を待っている。

”場所見知り”というのはやはりあって、初めて泊まるビジネスホテルでの安眠はできないことが多い。

その点ある程度自分にとって親和性のある場所だと、安心する。

言い方は悪いが、その場所が自分にとって、”マーキング(実際の意味とは違うので念のため)した場所”になると、安心感が倍増する。

Share

湯河原万葉公園の足湯

チェックインに時間があったので、万葉公園に立ち寄り、足湯に入った。

ちょっとヌルいが、まあ仕方ない。

本当に効くことを祈りながら。

足つぼ刺激のためらしく、凸凹があり、痛い。

効いているのか、それとも単純に消耗しているのかわからず。

Share

湯河原温泉へ逃亡中

もう限界である。

日々の苦しい状況からひと時でも逃亡したい。癒されたい。

仕事のストレス(というか仕事上の人間関係のストレス)で、このままではガス爆発を起こしそうである。

ということで、ゴールデンウィークを待たず、馴染みの湯河原温泉の旅館を予約、出発した。
(その前に町内会の回覧板を回すという作業があるのが非常に腹立たしい)

この旅館はボロいが、非常に居心地が良いので気に入っている。ある時には2泊3日で泊まってその間、旅館から一歩も出ずにダラダラしていたこともあった。引きこもりなのか、そうでないのか良くわからない。

仲居さんも絶妙の距離感を持ってくれているので、全く気を使うことがない。これはなかなかできないことだと思う。本日も到着するなり、いきなり日本酒4合瓶を発注して、既に飲み始めている状況である。

従って、この宿については本当の意味で誰にも教えたくないし、これからも他人に紹介するつもりもない。

その結果として潰れないことを祈るばかりだが、どうやら無事代替わりできたようで、一安心である。

おまけにWifiもつながった。やるじゃないか。

Share