【書評】矢作俊彦・谷口ジロー『サムライ・ノングラータ』かっこいいフリーランスの姿

Pocket

矢作俊彦・原作 谷口ジロー・作画『サムライ・ノングラータ』(フリースタイル)は、フリーランスのかっこいい生き方を何度も繰り返し読み返したくなるマンガだ。

主人公二人(個人の商社マン・ホンゴーと元傭兵・ノリミズ)が世界中を股にかける冒険。

主人公二人とも、組織には属しておらず、フリーランスである。

彼らの主な行動原理は、金で、友情で結ばれている訳ではない。一方が一方に協力する際も、真剣にコスト交渉をする(経費込みで)。命を狙われている場面でも。

ある意味、行為の対価の交渉こそに、人生の意味があるのかもしれない、と思わせる。

1990年連載ということであるが、中に描かれているガジェットや政治背景(コンピュータハッキング、中東と欧米の緊張関係)などの現代性も十分だ。

加えて、武器や格闘技(関節技)の異常に正確な描写や、更には細かいところで最近話題になった、ウォーターボーディング(水拷問)が何故か異常に正確極まりなく(えげつなく)描写されており、その拷問の被害者の心が折れるところまで、説得力を持って迫ってくる。

(襲撃したが、逆に主人公に捕らわれ、拷問を受けて泣くヤクザに)

ホンゴー「くよくよするなよ、こいつは拷問のプロなんだ」

ヤクザ「しく、しく」(←泣いている 引用者注)

ノリミズ「拷問?外人部隊じゃ ありゃあ蓄膿症の治療だ」

また、別のシーンで

ホンゴー「何もここまでやらなくったって」

ノリミズ「後方がない以上敵は殲滅するしかない」

(中略)

ノリミズ「おれたちゃ二人きりだ。捕虜にとるわけにはいかない。

今度やったら殺されるって思い込ませるしかないんだよ。

本当に殺すのが一番いいんだけどな」

ホンゴー「・・・・・」

—–引用終わり

と言った暴力の描写の後に非常に冷徹な会話が。

怖いが、ある意味、徹底的な個人主義、フリーランスの心得と言えなくもない。

敵に対峙した際に、「後方がない」という覚悟。団体戦で処理できない場合、目の前に迫る緊急性の高いタスクをどのように処理するか。

自分にはもう後工程がない、と仮定した場合の覚悟。

まさに個人、フリーランスとして、誰もが持っているであろう心理だと思う。

組織という団体戦に対する個人の非対称性を明確に描き、その上で個人戦で真っ向勝負する2人、まさにかっこいいフリーランスの姿として惚れ惚れとしてしまう。

表紙の女性は全くストーリーに絡まず、不自然なくらいのゲストキャラ。

最後のストーリーである、アルジェリアでの砂漠の戦い「百円の孤独」のラストはしびれます。

Share