立ち飲み屋探訪:鶴見小野駅「伊勢屋」駅前角打ちで時刻表を眺めながら激安ホッピーで気絶寸前

Pocket

鶴見線の鶴見小野駅は無人駅であり、その踏切の近くに角打「伊勢屋」がある。

暖簾がかかっており、中も広い。

こんな感じでカウンターの向こうにつまみが並ぶ。

キャッシュオンデリバリー式で、現金と引き換えで清算である。

駅から近いだけあって時刻表が貼ってあり、誰もが時々気にしながら飲んでいた。

 

テーブル席でホッピーセットをいただく。

なんと!セットで250円!という破格の安さである。ただ、中の焼酎は若干少なめ(追加の中は100円)で、氷もない。でも、これは驚きの安さで感心した。

ホッピー指数は2。中を追加した直後の状態である。

これは安い、と見て次はハイボールを注文。

したらば、なんと420円!まあ普通よりチョイ高めであるが、ホッピーとのギャップがちょっと。

少し時間がかかって到着したハイボール。結構な濃さと量で、420円は確かに納得(缶の2杯分くらいあるのではなかろうか)。

缶詰200円を追加し、すでにベロベロである。鶴見線の時刻を気にしながら飲みを済ませ、少し小走りに無人駅の改札を抜け、鶴見線の鶴見行き電車に乗ると、車内はなかなかの”鶴見線”感があった。

Share