町田市民文学館ことばらんど「みつはしちかこ展ー恋と、まんがと、青春とー」を見に行ってきた

Pocket

 町田市民文学館ことばらんどで、2018年10月20日から12月24日の予定で開催されている「みつはしちかこ展ー恋と、まんがと、青春と」を見に行ってきた。

 行ったのは10月27日で、ちょうど無料観覧日であった。ラッキー。

 このように、おなじみチッチとサリーがお出迎えである。改めて実物大で見ると、ものすごい身長差。

 アンケートに答えると、下のようなリーフレットがもらえ、みつはし先生の年表などお得な情報満載である。

 永遠に続くと思われていた大作「小さな恋のものがたり」は2014年の43巻で”まさかの”最終回、しかも、ちょっと予想とは異なるあまりハッピーでないエンドで、思わず購入したのを覚えている。ある意味衝撃であった。

 しかしながら今回このリーフレットによれば、2018年10月にこの”エンド”の後のエピソードが描かれる44巻が出版されたのである。上記記事から引用すると

1962年に美しい十代(学習研究社)にて連載スタートし、2014年9月に発売された第43集をもって完結を迎えたとされていた。

第44集で描かれるのは(以下43巻のネタバレなので省略;引用者注)

 引用終わり

 ちょっと期待が高まる。

 「小さな恋のものがたり」「ハーイあっこです」の原画や詩画などが展示されている。デビュー当時の原稿や高校時代のスケッチもあった。

 こうした実物大(印刷前の作画サイズ)で展示を見ていくと、改めてみつはし先生の画力の凄さに唸る。

 単純な絵柄(チッチの足なんて”線”である)でありながらデザイン画のようなファッショナブルな造形力は、やはり確かに実力に裏付けられていることを実感したのであった。

 観覧者は”オールラウンドな年齢層”の女性がメイン。母親と娘の親子連れもいた。いいオッサンである私は、少々ストレンジャーであるが、特に問題ない。

 名作は名作なのである。

 1Fにある喫茶「けやき」では、ミカドコーヒーが180円で飲める。ここでも”小恋”タイアップメニューがあった。

 コーヒーは非常に美味い。

(おまけ)

 リーフレットの一コマ。確かに「小さな恋のものがたり」では、チッチの理不尽、ジェラシー全開、束縛系な感じが確かにあり、私も読んでいて、ここに書かれているように感じることもあった。

 ”あるある”だったのね。

 

 

Share