松屋「オリジナルカレー」終了と「創業ビーフカレー」定番化を巡るちょっとした騒ぎについて

Pocket

 11月27日から、何故か松屋界隈(?)が騒がしい。

 以下の松屋公式ツイッターで、夜に突然オリジナルカレーの終了を宣言。そのあとどうするをいったん言わず、勿体ぶった結果、ちょっとした騒ぎになった模様である。まあ、松屋公式ツィッターは結構この手の金棒引きな傾向があり、気になっていた。

 結論は下記の通り、「創業ビーフカレー」への移行であるが、かつて同様に予想したこともあり、想定内であった(偉そう)。

 過去の事例でも、おそらく厨房の機器構成上2種類のカレーを同時には提供できないに違いないと踏んでいる。よって、この場合、新たなカレーに移行するための終了、という推理が一番蓋然性がある。カレーそのものを終了させる、という選択肢は、売り上げ減少、カレー用設備の稼働率低下もあり、現実的ではないと踏んでいた。

 残念なことに、現在ダイエット中なので、炭水化物の塊であるカレーどころではないが、今回の変更について、かつて毎日食べ続けていた(だから太りすぎた)マニアから言わせていただくと、味の面では創業ビーフカレーの方がうまい。

 ただし、前の記事でも書いたかもしれないが、牛肉との相性は前のオリジナルカレーの方があったので、カレギュウとしては商品価値が落ちる気がする。価格も確か以前の価格だと、少しアップするのではないか。

 個人的には創業ビーフカレー自体の味向上施策という点を評価して、この変更は肯定的に捉えたい(しばらく食べれないけど)。ただメニューは一期一会、別れは常に訪れるものなので、あまり焦ってはいない。

Share