吉田のうどん探訪:道の駅で車中泊の後は、中央道・谷村PA(上り)で朝8:30の「吉田の肉天うどん」

 先日のゴールデンウィークでは、思い立って車中泊の旅に出た。宿泊場所は「道の駅富士吉田」である。  全く下調べと準備はしていなかったが、この道の駅にはmont-bellの店舗があるので、いざとなれば装備を買い足すなりして 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:富士山駅「とがわ」は駅ビルB1Fのフードコートにある本格派だが、マンガ本も何故か充実

 富士急行線「富士山駅」併設のショッピングセンター「Q-STA」の地下1Fにフードコートがあり、本格的な吉田のうどんを食べることができる。  フードコートなので気軽に立ち寄れるため、観光客、ショッピングセンターの従業員、 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:富士吉田市松山「玉喜亭」国道139号沿いの人気店で肉うどん大盛り

 河口湖方面から富士吉田市方面を結ぶメインストリート国道139号沿いにある「玉喜亭」に行ってきた。ここは何度もその前をクルマで通過しているが、なかなか立ち寄ることができず、今回初の入店である。  午後3時というオフタイム 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:富士吉田市「みうらうどん」朝10時から開店行列ができる人気店

 準備が大変だからか、吉田のうどんを朝に食べられるところは意外と少ない。朝8:15から開店の「栄屋」や、中央道の谷村PAなどくらいしか思い浮かばない。  関連記事:吉田のうどん探訪:中央道・谷村PAは朝食で吉田のうどんが 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:富士吉田市「手打ちうどん ムサシ」はトッピングが充実、青ナンバン(100円)は汗が吹き出る旨辛さ!

 富士吉田市の国道139号線、上宿西交差点近くにある「手打ちうどん ムサシ」に入店。入口が狭いが、中は座敷で、よくある吉田のうどん店内風景である。20人くらい入れそうな感じ。  テーブルにあるメモ用紙に注文を記載し、厨房 続きを読む…

Share

町田街道沿いにある古民家風の創作うどん屋「うどん屋開都 相原店」で武蔵野うどんをいただく

 町田街道を八王子方向に直進し、相原駅を越えたあたりから次第に街並みが田舎風になる。そんな中で古民家風の佇まいで「うどん屋開都 相原店」がある。  2012年にオープンした店で広めの駐車場もあり入りやすい。店舗は”埼玉県 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:大月駅「吉田屋」で十分なコワさの冷やしたぬき大盛りをいただく

 先日の休日の午前中に、ホリデー快速ビューやまなしに乗って大月駅へ。ここには吉田うどんの店がある。ホリデー快速ビューやまなしは普通乗車券で乗ることができるので、軽い気持ちで電車に乗り、昼食として吉田うどんを食べることがで 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:ひばりヶ丘高校のうどん部による若者らしい先鋭的かつ荒削りなうどんに吉田のうどんの未来を見た!

 山梨県立ひばりヶ丘高校に「うどん部」なる部活動があり、”吉田のうどんの観光大使に勝手に就任”し、様々な情報発信をしており、注目されている。  今年1月のスポーツ報知「全国でも珍しい山梨・ひばりが丘高「うどん部」の活動と 続きを読む…

Share

吉田のうどん探訪:中央道・谷村PA(下り)は朝食で吉田のうどんが食べられる貴重なスポット

時々起こる”吉田のうどん”の発作で、いざ思い立つも肝心の店は結構営業時間が狭く(11:00-13:30なんて感じの営業時間も普通)、かつ不定休だったりして、なかなかうまくいかないことが多い。 東京から車を走らせるのもまあ 続きを読む…

Share

【吉田のうどん】GWの渋滞の中、道の駅「富士吉田」で冷やし肉うどん大盛とかけうどんのダブルをいただく

GWで身動き取れないものの、吉田のうどんを食べたくなり、「道の駅富士吉田」を目指した。しかし予想通り、中央道は渋滞。下道も利用したが、所々渋滞に捕まり、ストレス溜まりまくりつつ昼過ぎに到着。 店内は非常に混んでいる。券売 続きを読む…

Share