タクシー運転手御用達?の中華料理屋「南京亭 相模原橋本店」で名物の「ジャンボ餃子」

 タクシー運転手御用達?と私が勝手に決めている、多摩地方の幹線道路沿いにある中華料理屋「南京亭 相模原橋本店」へ昼食がてら行ってみた。国道16号線沿いであり、やはり車でないといきにくい。

 郊外型の大きめ店舗で駐車場も広め。24時間営業である。厨房もでかく活気がある。

 今回は「広東麺」(930円)を注文。 

 そしてここの名物「手作り ジャンボ餃子」(400円)巨大サイズの餃子であるが、具沢山でもっちりと美味い。

 夜中にムラムラと食べたくなる定番チックな中華屋なのである。

Share

「餃子の王将 草津店」ジャストサイズで一人飲みもバッチリ

 滋賀県出張の際には、京都まで新幹線でそこから琵琶湖線で移動することが多い。実質ちょっと戻っているのであるが米原のアクセス性がいまいち(失礼)なので止むを得ない。

 その途中の「山科駅」はまさに餃子の王将発祥の地であったことを今更ながら思い出したのであった。

 草津駅前の「王将」もいつも賑わっている。このところの夕食難民で、餃子の王将は絶対に外れない鉄板の店(餃子だけに)なのである。

 さらにここは「ジャストサイズ」という半人前サイズのメニューも充実しており、一人飲みにはパラダイスのような状況が作り出せる。

 この日は「餃子二人前」(242円×2)とジャストサイズのカニ玉(304円)。そしてハイボール(418円)である。

 さらにジャストサイズのエビチリ(367円)。

 そして締めに向かうとジャストサイズのチャーハン(272円)。や、安い。そして美味い。

 そしてジャストサイズの「餃子の王将ラーメン」(385円)である。安いが立派な豚骨ラーメンである。

 なんのことはない、結果的に大量に飲み食いしてしまっているである。しかし、やはり気が済んだというか充実感がある。店員さんもキビキビとしており、非常に安らぐ店なのである。

Share

本厚木駅「オハナ堂」で特盛480gの「濃厚つけ麺」

 昼過ぎの小田急線本厚木駅。ここも昼食がなかなか難しい。ラーメン屋も結構あるのだが、混んでいたり店員さんの数があっていないのか需要と供給が釣り合っていないというか、要するにスッキリ(すんなり)入店できそうな店がなかなか見つからないのであった。オペレーションの問題のような気もするが、まぁここは言っても仕方ないということで、ラーメン屋を彷徨う。

 「オハナ堂」を発見し、ここは無事入店できた。

 食券方式である。「濃厚つけ麺」780円を注文。空腹だったので、ここは特盛480gまで無料アップグレードできるので、それを注文。

 ガッツリとやってきた。豚骨+魚介のダブルスープが効いており、麺にもよく絡み美味い。まだ午後の仕事があるので炭水化物を補給である。

Share

【ラーメン】栗東市にある「博多麺道楽」で白ラーメンの道楽盛り

 栗東市にあるラーメン屋「博多麺道楽」へ。

 酒が飲みたいのでチューハイを飲む。400円。

 とんこつラーメンも「赤」「白」「黒」の3種類あるようだ。ここは定番の「白ラーメン」をチョイス。単品としては680円だが、トッピングを追加チョイスできる。ここは全部入れる「道楽盛り」+250円を。

 ゴージャスである。麺は細麺。断面は丸い。比較的さっぱりしており、臭さはあまり強くないが、美味い。紅生姜と高菜もテーブルにセットしてある。

 「替え玉」(120円)も注文。

 なんとなくであるが、滋賀県は「とんこつ」系のラーメン屋が結構多い気がする。

Share

なぜか多摩地方にある、長崎らーめん「西海製麺所」八王子みなみ野店で「アゴ出汁らーめん」

 横浜線八王子みなみ野駅近くにある”長崎らーめん「西海製麺所」八王子みなみ野店”へ行ってみた。

 ここは昔、開店*周年記念のサービスで、クジを引いたら「当たり」が出て、結構な額の食事が全額無料になったという近年稀に見る恩恵を受けたので、それ以来結構良く足を運んでいる。

 ラーメンも「アゴ出汁ラーメン」が590円という安さで、豚骨ベースであるが、さっぱりしていつつも後引く美味さで気に入っている。

 替え玉も3種類ある(博多麺、熟成麺、赤麺)。替え玉専用と謳っている「博多麺」(110円)を注文してみた。細麺である。

 半餃子210円もちょうどいい感じ。

 さらにここはお冷やがわりに「ビワ茶」が置かれており、これもラーメンの後にさっぱりできてなかなかのホスピタリティがある店なのである。

Share

滋賀県発祥のラーメン屋「来来亭 草津店」で、背脂醤油ラーメンにハマる

 滋賀県へ出張多めであるが「来来亭」が滋賀県発祥と知ったのはつい最近であった。

 早速昼ごはんどきに「来来亭 草津店」へ行ってみる。

 既にコロナ対応もしており、カウンターには仕切り。そしてタッチパネルによる注文である。これが名物?の「梅干し食べ放題」である。ラーメンに?と思うが意外にあう。

 ラーメンもタッチパネルから背脂やネギの多めチョイスもできるようになっている。ラーメン700円に麺大盛り+130円=830円の背脂ネギ多めである。真っ白(笑)。

 そして味はというと、非常に美味い。さすがというべきか。背脂ショウユのパンチが効いたスープに大満足である。

Share

寒川にあるシンプルかつ美味い豚骨正油ラーメン「中華そば寅 寒川店」

 かつて茅ヶ崎に在住していた際によく行っていた、寒川駅近くにある「中華そば寅 寒川店」に行ってみた。車でないと行きにくい場所でもあり、チャンスがないと行きづらい。

 久々に近くに用事ができたので、行ってみることに。

 昔は「つけめん」を良く食べていたが、今回は通常のラーメンをチョイス。

 「寅そば」はなんと380円。これにトッピングをしたり、替え玉をしたりと、カスタマイズができるようになっている。

 来たラーメンはこのようにシンブル。背脂に隠れているが、ノリ、メンマ、チャーシュー、ネギが入っている。

 替え玉100円。麺も比較的モチモチで美味い。

 シンプルながらも外さない美味いラーメンであり、満足である。

Share

「つけ麺専門店三田製麺所 川崎店」で味噌つけ麺

 川崎銀柳街のアーケードを歩いていた。昼下がりで空腹である。

 ここもラーメン屋激戦区で、24時間開いている店もあり、ある意味不夜城である。

 今回は「つけ麺」が食べたくなり「三田製麺所」の店の前で悩むこと1分。店員産が呼びかけてくれるも、しばし考えつつ入店(何を勿体ぶったのか不明)。

 オススメと言われている「味噌つけ麺」980円の大盛り。それにネギトッピング110円。

 こんな感じで、美味そう。実際にもうまい。ワシワシといただく。もやしもあるので、まずはスープにぶち込んで、野菜を楽しみ、その後麺もいただく。

 魚介が効いていて、つけ麺スープのコッテリ感があって非常に旨く、満足なのであった。

Share

朝7時から開店している「ラーメンショップ寒川西店」で”朝ラー”

 ある事情があって、朝7時に寒川付近にいた。寒川駅から平塚方向(相模川方向)に行くと、こんな朝なのに「ラーメンショップ 寒川店」がやっていた。

 疲れた日々が続き、ここは一発、朝ラーでもいったろうかという気分だったので、入店。食券を購入。

 「ラーメン(並)」600円。

 シンプルだが、美味い。朝に食べるラーメンはなかなかである。厚めのチャーシューがコッテリしすぎず、非常に美味い。

 周りを見渡すと、これから出勤する人々がラーメンをガシガシ食べている。

 この雰囲気で新たにパワーをもらって私も頑張ろう、とやる気が少し戻ってきたのであった。

Share

栗東駅「らーめん 一護」で”魚介豚骨つけ麺”をモリモリ食べる

 琵琶湖線栗東駅で昼ごはんを探していると、住宅街の中に現れた「らーめん 一護」。

 ラーメンもあるが、ここは「魚介豚骨つけ麺 大盛330g」960円を注文。

 太麺でコッテリスープと良く合う。ガシガシ食べれるのである。

 人気店らしくどんどんお客さんがやってくる。満足。

Share