2021年相模川河口で釣り状況の偵察!(人的接触なし)・・・何もなしでした

 今回のGWは基本的に自宅に籠っているが、流石にストレスがたまるのと、私のような県境に住居がある人間だと「県を跨がない」と言う行動を原則的・一律的に定義されることに合理的な現実性が感じられない、という思いもあって、人間に 続きを読む…

Share

2020年のシーズンラストか?11月下旬の相模川河口で落ちハゼを狙う

 いよいよ季節の変わり目で寒くなってきた11月下旬。最後のワンチャン狙いで、いつもの相模川河口へ。  装備もいつものノベ竿+テナガエビ仕掛け+ジャリメでチャレンジである。  代わりに、マハゼがいるがこれがなかなか頭脳派と 続きを読む…

Share

真夏の相模川河口の釣果:ノベ竿1.5mによる浅瀬でも多様な魚種が楽しめる

 夏のクソ暑い日の昼に、いつもの相模川河口で釣りを。ノベ竿1.5mおよびテナガエビの2号仕掛けでチャレンジ。  夏になるとヌマチチブの攻勢は少し落ち着き、色々なプレミアムなものが釣れてきて楽しい。マハゼ比率が上がってくる 続きを読む…

Share

復刊3号目の「磯・投げ情報」9月号を購入:釣りにおけるパッキングのウルトラライト(軽量化)が無いのは何故だろうか?–制限をかけた上での釣行企画の可能性を考える

 20日発売の「磯・投げ情報」を購入。夏の釣りシーズンに向かって、定番の電車釣行ネタなどが出てきて、なかなか面白い。  制限がある中でアウトドアをするのは結構面白いと思う。登山における装備を限界まで軽量化するウルトラライ 続きを読む…

Share

相模川河口で釣りをしていた夏の日の出来事–海の水はつながっている

 最近、こんなニュースがあった。  外部記事: 「働いていないことばれた」平塚死体遺棄、容疑の夫が供述(毎日新聞)(リンク切れ)  この記事自体もツッコミどころがあるが、ここで私が言いたいことは、平塚の相模川河口付近で死 続きを読む…

Share