立ち飲み屋探訪:東神奈川駅「マツヤ木曽」の店名の謎が解けた

Pocket

最近電車が良く遅延する気がしている。ホームの混雑を避けるべく、東神奈川駅で途中下車し、以前行った立ち飲み屋「龍馬」(関連記事)に行ったら”設備故障のため休み”であった。

そこで別の立ち飲み屋へ。

「龍馬」とは逆の出口を降りると「マツヤ木曽」がある。

入店。空いている。ハイボールダブルを注文。

ここは前金制で自分の前に置かれた小皿にお金を置いて、そこから清算されるシステムである。

フードメニューが充実かつ安い。裏に居酒屋(後述)があるらしく、一部の注文はそこから届けられて来た。

ゆで卵50円である。それ以外も100円から200円という凄く安い設定。これは期待できる(生唾呑み込みながら)。

厚焼き卵(100円)を頼んだ。100円で3切れで1人では十分である。

イモコロッケ(100円)も十分なサイズである。

今回は上記メニューから、カキフライ、なめろう、ホイコーローをチョイス。締めて600円である。空腹だったのである。これは裏から料理がやって来て、ちゃんと調理されたものが出て来た。

食事メニューもあり、隣の人が食べていた「小カレー」(250円)が気になった。なかなかの雰囲気といい、マスターも親切であり、良い店を見つけた気がする。

追記:店名の意味が長らく不明であったが裏に回ってみたら、その謎が解けた。「マツヤ」と「木曽」という居酒屋があったのである。ジョイントベンチャーのアンテナショップということであろうか。

Share