【書評】ラズウェル細木『酒のほそ道』47巻–松島さんの”瞳”が描かれ、ますます事態は混迷模様でまさかの”島耕作化”の傾向が・・・

Pocket

 ラズウェル細木『酒のほそ道』47巻を読んだ。

 もはや作者の悪ノリとしか思えない岩間の恋愛エピソードであるが、今回は、松島さんとの二人飲みエピソードが前後編にわたって描かれる。

 そしてまたしても岩間の心中名前連呼シーケンス(以前はかすみちゃんに同様のことをしていた)がある。

 これまで逆光で伺えないことが多かった松島さんの瞳は、基本描かれており、なんとも感情が放出されているかのようである。

 一進一退というか、ただの飲兵衛サラリーマンがここまでモテるというのも、全く絵柄・作風ともに類似していないが「島耕作」的な雰囲気すら漂わせてきた。

 バレンタインエピソードではご丁寧に、”麗ちゃん”まで加えて妄想に浸る岩間。

 本気で島耕作路線であろうか。

 ・・・作者の正気を疑うレベルになってきたが、これはこれで期待できる(嘘)。

Share