知る人ぞ知る滋賀の名物・・・「草津メロン」が激甘!

 草津駅から琵琶湖博物館の方向に車を走らすと次第に農村地帯の雰囲気が高まり、「メロン街道」なる街道に出る。何故に「メロン」と思っていたのだが、本当にビニールハウスでメロンを栽培しており、糖度の高いメロンとして有名らしい。

 地元民にヒアリングすると「あまり食べないですね」「そもそも知りません」といった反応。ただ贈答用として発送などはされているようだ。滋賀県はこの手の「地元では食べない」名物が多いような気がする。

 とは言え、初夏のこの時期だけ直売所が出来るらしく結構アウトレット系のものを安く買うなどもされているようだ。

 私はちなみにメロンはあまり好きではない。なんか「結局キュウリ」みたいな固定観念が頭にあり、今ひとつトキめくことはなかったのだが、やはり名物なので食べたい、という気持ちはあった。予約して発送はあれど、あまりネット予約もないので困っていたのであった。

 先日たまたま外出先の昼食で立ち寄った「道の駅草津」の売店でメロンを発見。2個で4,000円と高い(だから贈答用なのか)が、発送もできるというので購入してみた。

 宅急便で自宅に届いたが、もう少し追熟が必要のようで常温で1週間、少しやわらかくなったところで食べてみることに。

 切ってみると、果肉でか!そして激烈に甘い!皮の近辺まで追い込んでも、甘味が強い。これはなかなかの出来栄え。高いが、納得である。

 なんとかもう一度手に入れようとしたが既に「完売」。

 なかなかの希少価値まであるのである。更に毎年食べている地元民によると「今年の出来は良かった。ここ数年で一番甘かった」とのこと。当たり年なのか?

 来年はもう少し早めに動かないといけないと気持ちを新たにしたのであった。

Share

関西方面出張でようやく、粉もん「お好み焼き」にトライし、マンネリ化してきた”関西感”がよみがえる

 そういえば関西出張も多くなったが「お好み焼き」を食べたことが少なかった。いい加減夕食難民状態で、マンネリの極致となってきたある日、「そうだ、お好み焼きがあった」と気づいたのであった。

 とはいえあまり食べたこともないし、店の感覚もないので草津駅前の「近鉄百貨店」のレストラン街にある「華かるた」へ。

 鉄板があるテーブルにつく。「豚玉焼」825円を注文。そうすると厨房で作成されたお好み焼きが到着。そうだった。関東だと”自分で焼く”スタイルの方が多いので、自分のテクニックに依存してしまうが、確か関西は自分で焼かないスタイルなのだった。

 美味い。やはりプロが調理しただけあってふっくらである。これなら、酒を飲みながらでもいける。ということでレモンサワーを注文。つまみにキムチも。

 その後もプロが焼いたお好み焼きに少しハマっており、今度はショッピングモール「アルプラザ」内のフードコートにある「大阪じゅうべい」のお好み焼きテイクアウト500円も買ってみた。これもなかなか。

 ついでにたこ焼きも500円で、粉物ツインで部屋のみ。このたこ焼きもボリュームがあって非常に美味い。

 長い出張で慣れも出てきたのか、最近忘れかけていた関西感がお好み焼きによって再び新鮮なものとなった。

Share

【蕎麦】寒川駅「巴屋」で蕎麦焼酎の蕎麦湯割りで一杯

 相模線の寒川駅周辺。18時くらいであるが、あまり駅周辺に店もない。

 晩御飯で一杯行きたいのだが、と探すと駅前のロータリーに蕎麦屋があった。「巴屋」である。なかなか綺麗な店構え。

 蕎麦焼酎の蕎麦湯割(450円)である。焼酎と蕎麦湯用のちょこが2つやってきた。

 ちゃんとおつまみメニューもある。「板わさ」450円。

 せっかくなのでB級グルメも注文。「棒コロのチーズ」である。350円。

 なるほど、棒状のコロッケである。寒川町のB級グルメらしい。このようなページもあった。ルールもあって皮は「ライスペーパー」を使っているらしい。

 そして最後は「ざるそば」750円。

 蕎麦湯割をおかわりしつつ、蕎麦で締める。

Share

本厚木駅前「本厚木ホルモンセンター」でハッピーアワー90円のメガハイボールで一人ホルモン

 本厚木駅で、知る人ぞ知る”向かい合うファミリーマート”(小道を挟んで「本厚木駅南口ロータリー前店」と「本厚木駅南口店」がタイマンしている)を見つつ進むとあるのが「本厚木ホルモンセンター」である。

 一人飲み用のカウンター席も充実している。ハッピーアワーには、こんなときめくハイボール90円というサービスも。

 まずは名物の「ペラペラ焼き」390円。辛ニラがおかわり自由でついてくる。

 突き出しはキャベツ千切りで、これもおかわり自由である。

 このように一人焼肉に特化された感じで、のんびりとホルモン食べつつ飲むこととができるのである。さらにはあまり白米系はなく、とにかく肉を食べさそうとする意思を感じる。肉と野菜、みたいな感じで無限にハイボールが進んでしまうのである。

 メガハイボールに、野菜のピーマン。

 そしてこれも名物の「MIX焼き」1,280円で、6,7種類の部位がやってくる。

 その後は「さらば青春の光」のYouTubeで「有名?」な牛の胸腺である”シビレ”。470円。

 ガンガンと結局肉を食べてしまい、ハイボールが安いものの肉と野菜で結局我ながら客単価としては良いお客になった気がする。

Share

草津駅前の馬肉専門店「ザ・ホースマン」で馬刺しをいただく(栗東が近いのでご当地グルメなのか?)

 滋賀県出張も長い。なんでこんなことになってしまったのか。

 それはそれとしてホテル住まいが続くと、食事もマンネリになる。

 駅近のビル「エルティ」の地下にある「草津 ホースマン」を発見。名前通り、馬肉の店である。滋賀県といえば栗東、栗東といえば競走馬。ひょっとして、これもご当地グルメ?あるいは地産地消なのか?といった疑惑も浮かぶが、これはこれとして入店してみた。

 メガハイボール620円でスタート。

 もうなんだか良くわからないので「馬刺し木箱盛り 特上盛り十種」1,280円を注文。ジャーン、という豪華な感じでやってきた。

 一人前サイズになっているのでこれはツマミとしてなかなか。お酒も黒霧島のロックに変更し、馬刺しを堪能である。

 あとは単品で「上赤身」580円。これも焼酎と合う。

 まあ、まさかのサラブレッドではないだろうと思いつつ、焼酎と馬刺しで夜が更けてベロベロなのである。

Share

あいにくの雨の琵琶湖だったが「大津湖岸なぎさ公園」にある「なぎさWARMS」で地元食のランチプレートを食べる

 滋賀県は大津市のあたりには県庁もあり、一応中心地っぽい。だが、琵琶湖を中心としてみた場合、極めて西寄り、すなわち京都寄りの場所に行政中心があることになる。

 これは滋賀県の一体感を損なっているのではなかろうか、と思ってはいる。水上運送がある時代はまだしも、鉄道と道路だと琵琶湖を周回する交通路になり、あまり一体感のある立地ではないし、京都への憧憬のような変な劣等感的なイメージすら覚えてしまうのである(余計なお世話)。

 そんな感じで県庁近辺へ行く用事があり、ついでに琵琶湖近辺でご飯を食べることに。あいにくの雨であまり雰囲気はよろしくないが。

 「大津湖岸なぎさ公園」にある「なぎさWARMS」に入店。ランチプレートは滋賀県の食材を利用している模様。1,850円と少々お高めであるが、おしゃれな感じ。

 近江米や近江産の野菜を使っているオーガニックな感じである。うまい。

 ついでにマンゴーソーダもいただく。一人で雨の琵琶湖を眺めるのもアレだが、まあ、仕方ない。

Share

草津宿本陣近くの和菓子屋で購入した”草津たび丸どら焼き”

 草津駅から草津宿本陣へと歩く途中にある和菓子屋「松利老舗」に入ると、草津のゆるキャラのどら焼きがあった。

 「草津たび丸 どら焼き」である。三色あん、と書いてある。

 早速食べてみる。

 小豆(あずき)、白あん栗入り、抹茶の3種類の餡が入っているボリューミーなお菓子である。うまかった。

Share

【琵琶湖畔の道の駅めぐり③】「マキノ追坂峠」(高島市)「しんあさひ風車村」(高島市)「妹子の郷」(大津市)で、”バタナツスープ”・”干し柿”・”渋皮栗甘露煮”・”しじみ”をゲット

 いよいよ湖北になるとだんだん山道やトンネルが多くなる。

 右に山々、左には琵琶湖、人はその間に住居を構えている感じで、少々湖南のノンビリ感と比較して、自然の厳しさを(勝手に)感じる。

 高島市「マキノ追坂峠」へ。

 干し柿用の渋柿がたくさん売っている。

 ここではマキノ産の干し柿と、渋皮栗甘露煮を購入してみた。

 更に少し走ると風車がランドマークな高島市「しんあさひ風車村」に。ただ、ここは少々他の道の駅と様子が違っており、それっぽいお土産売り場のような施設はなく、レストランや宿泊コテージがあった。

 更に南へ下る。大津市へ突入するとだんだん家が増え都会っぽくはなってくる。

 ここでは琵琶湖産「しじみ」の味噌汁を購入。

 バタナツスープというのがあり、これをいただくことに。

 ほっこり甘めで優しい味であった。そして草津方向には、琵琶湖大橋を渡るショートコースと、大津方向に向かうコースがあり、ここは大津方向へ。

 流石に暗くなってきたので近江大橋は渡らせていただき琵琶湖1周は終了。

 走行距離はちょうど200kmであった。

Share

【琵琶湖畔の道の駅めぐり②】「塩津海道あぢかまの里」(長浜市)で、川魚のお惣菜を発見!ー”コイの天ぷら”をゲット

 続いて車を走らせて、だんだん湖北にやってくる。このあたりは琵琶湖の北端である。長浜市「塩津海道あぢかまの里」に到着。

 湖南から湖北にやってくるとだんだん山が迫ってくる。湖南がフラットな平地が広がっているのに比較して、だんだん山の存在感が迫る。

 塩津のあたりだと、山を越えて敦賀にアクセスができるので、このあたりだと京都というより日本海側の文化との交流が増えてくるのであろうか。

 やはり魚は多く、ゴリ(ヨシノボリ)の佃煮などが目をひく。

 さらにはイートインコーナーには、川魚のお惣菜が並ぶ。

 なんと、鯰(なまず)の煮付け、刺身である。食べたいが、ちと昼食後もあり、断念。

 ビワマスの塩焼きもあった。刺身では食べたが、改めてこう見ると、サイズが大きい。

 コイの天ぷらがあり、これを購入。

 サクッと食べてみる。臭みもなく、白身の上品な味で美味かった。

Share

【琵琶湖畔の道の駅めぐり①】「近江母の郷」(米原市)と「湖北みずどりステーション」(長浜市)で”ビワマス丼”・”えび豆”・”小鮎の天ぷら”をいただき、”赤こんにゃく”と”近江米バームクーヘン”をゲット

 滋賀県出張が続く日々。その一方で面積の1/6を占める「琵琶湖」の存在感が気にはなっていた。滋賀県の中心にあり、確実に生活の一部となっているが、地元の人と話すと「まあ、そうなんですけどね」と、やや引く感じで別に話が盛り上がる訳でもなく、モヤモヤしている。

 そんなこともあり、ある休日にレンタカーを借りて琵琶湖湖岸道路を中心に一周してみることに。調べてみると約250kmくらいなので、ちょうど1日あれば回れるくらいなのである。

 草津付近を出発し、反時計回りに回ることとした。

 しかも琵琶湖湖畔中心に道の駅が結構あり、スタンプラリーもしていた。今回はそれには拘らず、湖岸道路を走りつつ、立ち寄れそうな感じの道の駅で休憩&食事しつつの道中となった。

 まずは米原市にある「近江母の郷」。琵琶湖湖畔にあり、ロケーションも良い。

 今回の狙いは滋賀県、特に琵琶湖ならではの食べ物をゲットすることもあった。

 シジミや鮒すしも売っている。今回は「えび豆」をゲット。琵琶湖のスジエビと大豆の煮物である。

 続いては長浜市にある「湖北みずどりステーション」。ここも土産物が結構多い。鮒の煮付けや小鮎の佃煮などの魚も並んでいる。「鮒のアラ」まで売っている。

 近江八幡名物の「赤こんにゃく」。見た目がインパクトある。

 早速購入してみる。味つきなので、そのまま食べてツマミになる。

 また良くわからないが”滋賀県といえば「バームクーヘン」”というイメージもある。先日購入した「クラブハリエ」のバームクーヘンは確かに美味かった。

 そんなこともあり、近江米使用のバームクーヘンを購入してみる。これも、モチモチ感があり、美味い。

 そしてここでランチでも、ということで、食堂で「びわますボウル」1,200円。

 ビワマス丼に、最後はお茶漬けにしていただくスタイル。脂が乗っていて、やはり最後のお茶漬けが絶品であった。

 あとは推していた「小鮎の天ぷら」450円。魚としてはさっぱりしている。

 前の道の駅で購入した「えび豆」もここでいただく。甘く煮てあってこれもオカズとしてなかなかいける。

 そんな感じで腹一杯にもなり、再び出発である(まだ半分も来ていない)。

Share