立ち飲み屋探訪:武蔵小杉駅「立喰い寿司 ナチュラ」で、たまには高級志向を(後ろめたさ)

Pocket

武蔵小杉の再開発の影響なのか、結構洒落たお店が増えてきた。

東横線のガード下に立ち並ぶ店が軒並み綺麗な感じなのである。

そのなかの一店、「立ち喰い寿司 ナチュラ」に入店してみた。

立ち喰い寿司自体は色々なところにあり、目新しくないが、武蔵小杉ではどうなのであろうか。

当然ホッピーなどあるわけもなく、富乃宝山のロックである。

マスターのオススメに乗って

マグロ赤身

 

おまかせ5点盛りのうちのブリと貝。

そして秋鮭「銀星」の昆布じめである。これは塩で食べたのだが、うまかった。サーモンとは異なり、鮭の肉厚さと旨味がよくわかる。

食べ比べで、生(これは醤油で)と塩麹バター(これは塩で)も食べたが、昆布締めが一番旨かった。

富乃宝山を3杯のみ、寿司をなんだかんだで13貫食べて、お勘定は5000円でお釣りがきた。立ち飲みや角打ちとは、そもそもの概念が異なるので比較はできないが、たまにはこんな贅沢もしてみたいのである。

Share