ニッチすぎる業界のみで有効な図解:ライボルトとインフィコンとバルザースの沿革を整理した

Pocket

おそらくこの図解は、日本でも5人くらいしか役に立たず、出てくる会社名も日本で20人くらいしか理解できないであろう。でも個人的には長年もやもやにしていた疑問をようやく図解で整理できたので、ここに公開する次第である。

半導体製造装置では真空プロセスを使用することが多い。具体的には、真空蒸着、スパッタリング、CVD、ALD、ドライエッチング、プラズマクリーニングなどである。

真空プロセスでは、真空の度合いを定性定量的に測定するための圧力計や分析計や真空を空間的に形成するための真空ポンプなどの機器が必要になり、そうした機器製造メーカ群が存在し、その業界を形成している。

推察されるように、この業界は結構ニッチであり、かつ、参入障壁が高いのか、そこそこ潤っている。

その一方で、特に欧米の業界は合従連衡が激しく、メーカ名が結構変わることが多いのである。

ライボルト(注1)、バルザース、インフィコンと聞いてピンとくる人はほとんどいないだろう。

これらのメーカの名前がコロコロ変わるので非常に困っていた。

というか、もうあまりの変化についていけず、わからないまま放置していた。

今回、業界誌である「真空ジャーナル」に、ちょうど良い記事を見つけたのを機会に、各社のHPも参照しながら整理してみた。

私はスッキリしたが、ほとんどの方は何のことやら?だと思う。

出典:”わが社のいちおし! インフィコン株式会社” 真空ジャーナル. 2009年11月号(127号)及び各社HPより、tankidesurvival作成

注1:Leyboldなのでライボルドが正しい気もするが(ドイツ読みは違うのかな)。

Share