【炭鉱労働】上野英信と山本作兵衛を読んでブラック労働を考える【書評】

   まず初めにこの記事は、過重労働問題、特に現在日本で直面している労働の課題について、相対化する意図はないことを付記しておく。 ・上野英信『追われゆく坑夫たち』(岩波新書) ・山本作兵衛『画文集 炭鉱(ヤマ)に生きる  続きを読む…

Share